たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2019年11月15日

高校英語。付帯状況の with と分詞。

高校英語。付帯状況の with と分詞。

なおも、分詞の学習です。
今回は、with+名詞+分詞 の用法です。
これは、「こういう語順のもの」と覚え込んでも別に構わないのですが、見方としては、with を冒頭につけた独立分詞構文として把握すると、理解しやすいかもしれません。
まずは、分詞構文ではない、普通の文から。

The little girl called out to her mother, and tears ran down her cheeks.
その少女は母親に大声で呼びかけ、涙が彼女の頬を流れた。

この後半部分を分詞構文とするなら、
The little girl called out to her mother, tears running down her cheeks.
となります。
前の節と主語が異なりますので、主語 tears が残っている独立分詞構文ですね。

これに、付帯状況であることをよりわかりやすく伝えるため、「付帯状況のwith」と呼ばれる前置詞 with をつけると、
The little girl called out to her mother, with tears running down her cheeks.
その少女は、頬に涙を流しながら、母親に大声で呼びかけた。
となります。

分詞構文は、接続詞を省略し、動詞を分詞に変えたもの。
それによって、従属節はSVのある節ではなく、句(SVのない意味のまとまり)となります。
句の前には前置詞がつくことが可能です。
せっかく接続詞を省略したのに、前置詞がついちゃうの?何それ?
というものになっているのが、付帯状況の with から始まる分詞構文です。
何だか難しいな、よくわからないな、と思ったら、こんな説明はどうでもいいので、とにかく「with+名詞+分詞」で付帯状況を表す、と覚えても大丈夫です。

The dog sat there with his tongue hanging out.
その犬は、舌を垂らしてそこに座っていた。

後半の with his tongue hanging out の部分。
his tongue が名詞部分、hanging out が分詞部分です。
もとの節に戻すなら、
and his tongue hung out となります。
もとの節は能動態です。

こんな文はどうでしょうか。

He sat there with his legs crossed.
彼は足を組んでそこに座っていた。

後半の with his legs crossed の部分がそうです。
his legs が名詞部分、crossed が分詞です。
もとの節に戻すなら、
and his legs were crossed となります。
もとの節は受動態です。

いちいちもとの節に戻して、使うのは現在分詞か過去分詞か考えるのも面倒くさいので、「with+名詞+分詞」の際は、名詞と分詞との関係のみをとらえて、
名詞がその動作をするなら、現在分詞。
名詞がその動作をされるなら、過去分詞。
と把握するのが簡単でしょう。
舌は、舌が垂れ下がるものなので、現在分詞。
足は、足は組まれるものなので、過去分詞。

いや、舌も別に本人の意思ではなく、犬が垂れ下げているものなのでは・・・?
と考え始めると、全て過去分詞になりかねないので注意しましょう。
意思の有無ではなく、その名詞がその動作をしているか、されているか、だけです。

これには、その動詞の本来の意味を正確に把握しているかどうかも影響します。
自動詞か他動詞かを把握している、という言い方もできます。
「~が垂れ下がる」なのか「~は、・・・を垂れ下げる」なのか、ということです。
両方の意味がある動詞ならば、自動詞の意味優先で大丈夫です。

本来、独立分詞構文の being が省略されて先頭に with がついたものなので、分詞部分は必ず分詞とは限らず、形容詞や副詞もきます。
Don't talk with your mouth full.
食べ物をほおばって話すな。
この full は形容詞です。

Did you intervew her with the tape recorder on?
テープレコーダーのスイッチを入れて彼女にインタビューしましたか。
この on は副詞です。
現在分詞 being が省略された独立分詞構文ととらえれば、一貫したルールで文が作られていることがわかります。


「with+名詞+分詞」は分詞の学習の中でも大きな文法事項で、これはテストに出ると思って学習を進めておくべき内容です。
こういうのもまた、一度で理解して以後二度と忘れない子と、何回演習しても覚えない子とに大きく分かれます。
少なくとも、個別指導をしていると、その中間というのがありません。

英語を覚えない子は、既に中1の段階で、曜日や月の名称、数字のスペルなどの基本を覚えません。
名詞を複数形にするルールを覚えません。
人称代名詞を覚えません。
3単現のルールを覚えません。
一般動詞の疑問文の作り方を覚えず、何でも Are you ~?としてしまうことをやめられません。
とにかく、覚えない、覚えない、覚えない。

覚えれば済むのに、何でこうも覚えないのか?
本人は「覚えたくても覚えられないんだ」と言う場合が多いです。
しかし、それは正確ではないと私は感じます。

小学生の頃、九九を覚えられなくて苦労した。
そういう人の場合は、わかります。
本当にものを覚えるのが苦手なのだと思うのです。
でも、そうではない場合、「覚える」ということが何をどうすることなのか、あまりよくわかっていないのではないか?
そういう疑問があるのです。

小学生の頃は、身につけなければならない知識もそんなに多くはないので、小学校の授業で何度か練習しているうちに大抵覚えてしまいます。
その経験があるので、「覚える」というのは、そういうふうに苦もなく自然に覚えることを指すと、思い込んでいるのではないか?
「覚える」ための苦労というものが必要なものだと思っていないのではないか?
覚えるためには、覚えるための作業と反復が必要なのです。
それをしないで、「覚えられない」と口先だけで言っている人もいるのではないでしょうか。

幾度も唱え、反復し、自分にテストを繰り返し、大脳に刻みつける作業。
そういうことをしないで、自然に頭に入ることだけを期待していても、中学・高校と学年が進むにつれ、日々覚えることは増えていきます。
自然に覚えるには、量が多いです。
だから、人工的に、作為的に、覚えるのです。
2~3度眺めるだけで覚えられるわけがないということを知ることから、まず始めましょう。
強く意識し、大脳に刻み込むように、覚える、覚える、覚える。
大脳に負荷がかかるように、覚える、覚える。
そうやって暗記するのだということを知っておきましょう。

好きなことなら楽しく覚えられます。
ポケモンの名前。
好きなアイドルグループ全員の名前とメンバーカラー。
好きなアニメの全サブタイトル。
そういうことなら、いくらでも覚えられる。
それなら、暗記力はあるはずです。
好きじゃないことも、覚える。
必要なことだから、覚える。
そういうふうに意識を変えましょう。
英語を好きになってほしいけれど、ある程度できるようにならない限り、好きにはなれないと思います。
まず、できるようになることが先です。
それには、好きじゃないけれど暗記する、つまらないけれど暗記する、そういう意識が必要です。
暗記したことが反映されて、英語がわかるようになれば、好きになります。
基本、自分が上手くできることには良い感情を持ちますから。


暗記はしないけれど、英語を完全に捨ててしまっているのかというとそうでもなく、今学校で学習していることにはそれなりに関心があって勉強する子は多いです。
学校の教科書の英語の本文を読み、訳し、重要事項を解説することを塾の授業で行うと、そういうことには熱心に取り組むのです。
けれど、文法事項を演習しましょうとなったとき、間違えるのは習いたての文法事項ではありません。
時制ミスをしたり。
以前に習っている単語のスペルを正しく書くことができなかったり。
名詞を複数形にすることや、冠詞を書くことを忘れたり。
そして、今回のテスト範囲の文法事項をクリアできていても、上に書いたようなところを間違えていたらテストでは逐一減点されますから、本人が達成感を味わえるような得点にはなりません。
本人なりに頑張っているつもりでも成績に変化がないので嫌気がさし、ますます学習意欲が下がっていく・・・。
英語という科目に起こりやすいことです。

本人の脳の癖なのかもしれませんが、新しいことを学習する度、古いことを頭の中から一掃する人がいます。
それでは、英語を得意にはなりません。
仮定法を学習しても、分詞構文を学習しても、それと同時に、英語学習の初期に習った時制の使い分けや、曜日や月名のスペルは永久に必要な知識です。
しかし、脳にそんな容量はないと思い込んでいることも手伝い、びっくりするほどあっさりと記憶を捨てていくタイプの人がいます。

もともと脳は、不要な記憶をどんどん消していきます。
それにストップをかけ、「あ、これは消去したらダメな記憶なんだ」と脳に悟らせるには、反復です。
他人よりも消去の度合いが速いなと自覚したら、自分の脳にストップをかけましょう。
本来、10代の記憶は、一生消えないものになるのです。
ストップをかけていないのは、本人の意思も入っていると思います。
テストが終わったら、後は要らない記憶と思い、忘れる方向に自分をもっていっていませんか?

本来、10代で得た知識の多くは、一生消えないのです。
そういう人は多いと思います。
今では役に立たない記憶も、丸々残っています。
私の場合は、例えば「ソ連のコンビナート名」。
国際情勢も経済情勢も変わり、役に立たないこと甚だしいこの記憶が、今も消えません。
「世界の山脈」「世界の気候区」「藤原四家」「徳川十五代」など、10代の頃に無理に暗記した地理・歴史の記憶の残り方はすさまじいです。
国語の教科書に載っていた小説や詩や古典の一節を今でも暗唱できる人も多いと思います。
消去するスイッチが壊れているようです。
3日前の昼ご飯に何を食べたかはもう忘れているけれど、10代の頃に勉強したことは、消えない。
記憶とは、そういうものです。

脳は大容量。
無制限に何でも記憶し、保存できます。
それを信じ、全てため込みましょう。
まず、自分の気持ちをそういう方向にもっていってください。
脳が勝手に消すだけでなく、本人も消そうと思っていたら、どんな知識も頭に残りません。





  • 同じカテゴリー(英語)の記事画像
    高校英語。比較表現。クジラの公式。
    高校英語。比較表現。富士山は日本で一番高い山です。
    高校英語。分詞構文その3。慣用表現。
    高校英語。分詞構文その2。
    高校英語。分詞構文その1。
    高校英語。分詞 その5。分詞の叙述用法。SVOC。
    同じカテゴリー(英語)の記事
     高校英語。比較表現。クジラの公式。 (2019-12-04 14:06)
     高校英語。比較表現。富士山は日本で一番高い山です。 (2019-11-27 12:21)
     高校英語。分詞構文その3。慣用表現。 (2019-10-28 11:19)
     高校英語。分詞構文その2。 (2019-10-17 14:21)
     高校英語。分詞構文その1。 (2019-09-30 12:20)
     高校英語。分詞 その5。分詞の叙述用法。SVOC。 (2019-09-25 12:11)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    高校英語。付帯状況の with と分詞。
      コメント(0)