たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年08月02日

頑固な子



日曜日は、大学受験の模擬試験の会場責任者の仕事で、朝5時半に家を出て、帰ってきたのは夜の9時過ぎ。
帰ってきたときには、三鷹夏まつりは、終わっていました。
終わって時間も経っていたので、祭りの後の哀愁すらない、普通の三鷹。
今年の夏も、そんなふうに終わりそうです。

さて、本題。
3年くらい前になりますが、以前に勤めていた塾で、中3に社会を教えていたとき、1人、とても頑固な女の子に出会ったことがあります。
もともと社会が苦手な子で、記憶違いが多いのですが、間違いをなかなか認めません。

たとえば。
「バブルって、高度経済成長だよね」
いやいやいや。
しかし、彼女は、頑固にそう思い込んでいて、譲歩しませんでした。
むしろ、それを違うものだと説明する私が間違っていると感じているような表情でした。
高度経済成長は1960年代で、バブル経済は1980年代後半、と時代の違いを説明しても、私が説明する間、彼女の目からは表情が消え、全く理解する様子を示しません。
年表を見せても、首を傾げ、納得できない表情のまま、それでも、一応黙る、という様子でした。
どこかで記憶違いをしたのでしょうが、自分が覚え間違えたのだということを認めないのは、どういう心理によるものなのか、結局、私にはよく理解できず、彼女の社会の成績は、なかなか向上しませんでした。

それでも、彼女は、学力別の下のクラスの中では成績はトップで、上のクラスに上がることができました。
上のクラスでの社会の授業で、彼女は、また妙なことを言い始めました。
「台湾って朝鮮のこと?」
上のクラスでは、そんな勘違いをしているのは、さすがに彼女1人です。
一瞬おいて、上のクラスの生徒たちは失笑し、その笑い声を聞くと、彼女は、すぐに認めたのです。
「違う?」
教室の壁に貼ってある世界地図で、私は、朝鮮半島と台湾の位置を彼女に説明しました。
彼女の目は、表情を失わず、地図を見ていました。
「あ。そうなんだ。知らなかった」
・・・何?

やはり、同じ中学生仲間が違うと言えば、すぐに認めるのですね。
そういう年頃なんだなあ。

そして、数学を教えたときのこと。
彼女は、また不思議なことを言い始めました。
「1立方メートルって、10000立法センチメートルだよね?」
「・・・いや。それは、面積のときだね。1平方メートルなら、10000平方センチメートル。1立方メートルは、1000000立法センチメートル」
「でも、面積って、体積だから」
・・・・え?
教室、大爆笑。

私の説明を聞いた後、彼女は言いました。
「面積と体積は、同じものだと思ってた。1立方メートルが、10000立法センチメートルだったり、1000000立法センチメートルだったりするのは、先生が、間違えているんだと思ってた」
「そうか・・・・・。小学生の頃から、ずっと?」
「うん」

彼女が聞いたら怒るかもしれませんが、私は、彼女の発言から、「勉強ができない」ということは、どういうことなのか、理解を深めた気がします。

1つには、似ていることを混同しやすいこと。
もう1つ。1度思いこむと、間違いを修正できないこと。
そして、悲しいことに、大人を信用していないこと。

でも、彼女のように主張する子は、問題のありかをとらえやすく、いつかは解決します。
黙ったまま、誤解を続け、勉強ができないままの子のほうが、案外多いのかもしれません。


画像は、富士山の本当の山頂。馬の背と呼ばれる剣ヶ峰への登り。
ただし、去年の夏のものです。



  • 同じカテゴリー(講師日記)の記事画像
    2学期中間テスト結果出ました。2018年。
    聴き取る力・読み取る力。
    勉強に向いている性格。
    1学期末テスト結果集計出ました。2018年。
    1学期中間テストの結果が出ました。2018年。
    自宅では勉強しない主義?
    同じカテゴリー(講師日記)の記事
     2学期中間テスト結果出ました。2018年。 (2018-11-14 14:34)
     聴き取る力・読み取る力。 (2018-09-13 13:27)
     勉強に向いている性格。 (2018-09-03 16:25)
     1学期末テスト結果集計出ました。2018年。 (2018-07-29 13:05)
     1学期中間テストの結果が出ました。2018年。 (2018-06-10 12:09)
     自宅では勉強しない主義? (2018-04-18 14:36)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    頑固な子
      コメント(0)