たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2018年10月10日

ラジオ講座「高校生からはじめる現代英語」はお薦めです。


「読む」「聴く」「話す」「書く」の4領域が、高校入試や大学入試に今後どのように影響し、今とはどう違ってくるのか、いまだに揺れている英語教育界です。
とはいえ、入試に限定せず視野を広げた場合、音声としての英語に触れていくことは、英語教育に必須のことです。

「読む」「書く」は、自宅でもコツコツ学習できますが、問題は「聴く」「話す」力をどう伸ばすか。
セギ英数教室では、毎回の授業でリスニング問題を解いたり、英検の2次試験の模擬面接を行うなどで「聴く」「話す」演習をしています。
しかし、週1回の授業だけでなく、日常でもっともっと練習できる方法はないだろうか?
できれば、無料で。
あるいは初期費用のみで。
しかも、信頼できる内容の教材で。

そう考えると、NHKラジオ講座がやはり有効です。
街の英会話教室よりもはるかに能力の高い講師が教えてくれて、番組自体に英語教育のノウハウの長い蓄積もあります。
食わず嫌いで避けているのは勿体ないです。

私自身のことで言えば、中学に入学する際、入学案内の書類の1枚に「ラジオ講座『NHK基礎英語』を必ず聞きなさい」と記された案内が入っていました。
入学式より前にその年度の初回放送が始まるので、事前にそういう連絡をしたようです。
初回放送日・放送時間・NHK第2の周波数がその書類に記されていたと記憶しています。

ラジオ講座を聴かねばならない。
でも、『基礎英語』は朝早くとか、午後とか、夜の6時台とか、変な時間にやっていて、学校が始まったらその時間には聴けない。
ラジオ放送を録音できるようにラジカセが欲しいと、私は母にねだって買ってもらいました。
そのラジカセは、実際にはラジオ講座以外での活用も多かったです。ヽ(^。^)ノ
いえ、ラジオ講座もそこそこ真面目に聴きましたが。

ラジオ講座は、毎晩勉強を開始する良いきっかけでもありました。
ラジオ講座を聴くためにとりあえず机に向かう。
ラジオ講座を聴く。
その後、テキストの日本語訳を見ながら、英語の全文を言えるまで暗唱する。
それから、テキストの日本語訳を見ながら、英語の全文を書く。
テキストを見て、自分の書いたものを添削。

この作業で、当時、40分から50分かかっていました。
月曜から金曜まで毎日これでしたから、学習時間の中で英語に使う時間が随分多かったかもしれません。
しかし、これさえやっていれば、学校の英語の予習・復習はほとんど必要ありませんでした。
他には、テスト前に教科書準拠ワークを解くくらい。
それ以外の英語の勉強は必要なかったのです。
ただ聴くだけでなく、テキストを暗唱したり書いたりする学習が効果的だったのだと思います。

ラジオ講座を聴くために机に向かうのが毎日の習慣になり、いったん机に向かえば弾みがついて英語に続いて他の科目も勉強しましたので、毎日2~3時間の家庭学習も自然に行うことができました。

ただ、これは、私が自ら進んでやっていたから効果的だったことです。
これを強制されたらたまったものではないというのも理解できます。
ラジオ講座については、生徒からは否定的な話を多く聞きます。
いや、むしろ、生徒からラジオ講座について好意的な話を聞いたことがありません。

私立の中学校では『基礎英語』がテスト範囲に含まれることがあります。
しかし、ラジオ講座を聴く習慣を作れない子は多いです。
下手をするとテキストすら買い忘れています。
家にラジオがないし、ラジオの聴き方がわからない、と言う子もいます。
2か月分のラジオ講座のテキストが定期テストの範囲。
文法事項は何とかカバーできても、単語・熟語の数は膨大です。
そして、定期テストで出題されるのは、大半はその単語・熟語なのです。
他をどれだけ指導しても、『基礎英語』からの出題で失点があるので、80点取るのでも必死でした。
「塾で英語を習っているのに、なぜ70点台なの?私は中学時代に英語でそんな点を取ったことがないけど?」
と親から怒られたと、生徒から愚痴を聞かされたりもしました。
『基礎英語』の単語・熟語を宿題にして塾でテストしたりもしましたが、どうも定着が悪く、結局、テスト前には何も覚えていない子もいました。
教科書のほうが大事なんだから『基礎英語』なんかそんなにテストに出ないよと毎回言い出し、そうして、テストが終わったら落ち込む繰り返し。
教科書以外のテスト範囲を簡単に捨てる子は、親が思う以上に多いです。

また、もっと積極果敢に家庭で英語教育に関わるお母様が、『基礎英語』を自ら録音し、子どもに毎日聴かせているという話も、生徒からは愚痴として聞かされたことがあります。
「『基礎英語』って、月曜日と火曜日は同じ内容なのに、いちいち録音していちいち聴かせられるんだけど、無駄じゃね?そう言ってもママは怒るだけだし」
「・・・・・2回聴いたほうが勉強になるから。そういう意味じゃないのかな」
「どうせ聴くふりだけで聴いてないから、無駄だよ」
「・・・・聴こうよ、それは。その時間、縛られているのなら、せめて聴こうよ。意味のあるものにしよう」
「聴いていると何か別のことを考えちゃう。眠くなっちゃうし」
( ;∀;)

どんなに素晴らしいコンテンツが存在しても、本人が自らやる気にならない限り、何の意味もありません。
『基礎英語』が押し付けられた義務である限り、それは呪いでしかない。
そんなわけで、私は、生徒にラジオ講座を勧めることはありません。

とはいえ、良質で新鮮なコンテンツが豊富なので、本当に勿体ない。
ラジオは無料で聴き放題です。
学校のテスト範囲でない限り、テキストなんていちいち買わなくていいのです。
「聴く」「話す」練習のためにラジオ講座を利用するなら、テキストはないほうが良いくらいです。
ラジオ講座に関する負のイメージを払拭し、活用する生徒が多くなることを願います。
実際に英語が得意な人は、ラジオ講座肯定派が大半です。
一番良い方法を否定しながら「英語が得意になる良い方法はないですか?」といつもきょろきょろし、読まない参考書を買い、続かない英語教材を購入し、効果の薄い英会話教室に高いお金を払うのは勿体ないです。


「実践ビジネス英語」は安定のコンテンツで、私は、最初の「やさしいビジネス英語」の時代からもう30年聴いています。
NHKのラジオ講座の中ではもっとも難しい。
高校生では、英検準1級に挑戦するレベルの子にお薦めです。

最近新たに聴き始めたのは「高校生からはじめる『現代英語』」。
毎週火曜日と水曜日の18:30~18:45に放送しています。
土曜日・日曜日の昼の12:40~12:55に再放送があります。
日曜日の夜22:25~22:55にまとめて2回分再放送もあります。
しかし、どれもこれも不便な時間帯です。
私は、ポータブル・ラジオ・レコーダーを使用しています。
予約録音が可能で、一度設定すれば毎週同じ時間帯に自動録音されていますし、スピーカーのついた土台からはずせば、ガラケーほどの重さとサイズになり、どこでもイヤホンで聴くことができます。
夕飯を食べている途中で、時間を見てカセットテープの録音スイッチを入れにいっていた中学生の自分に教えてあげたい便利さです。

さらに言えば、NHKは「らじる☆らじる」というアプリでインターネット放送が聴けますので、今はスマホでラジオ放送を聴くことが可能です。
「NHKゴガク」というアプリもあります。
これは、先週放送分の語学放送を聴くことが可能なアプリです。
とにかく、「オンタイムでしかラジオを聴く方法がないが、そんな時間にラジオは聴けない」という件をクリアしないと、ラジオ講座を聴く習慣は作れません。
物理的に無理、ということになってしまいます。
ラジオなんて家にない、という子も今は多いですから。
一方、radikoというアプリで、スマホで民放ラジオを聴くのを好む若者も静かに増えてはいるのですが。

「高校生からはじめる『現代英語』」。
内容は時事英語です。
英語ニュースの原稿を高校生向けに易しく書き直したものが使用されています。
範読も比較的ゆっくりで明瞭です。
週に2回だけのプログラムで、1回目は、その英語ニュースの内容解説。
全体の和訳と重要表現の確認などで、ラジオ講座としては普通の内容です。
興味深いのが2回目の放送。
まず、もう一度、1回目と同じ英語ニュースの範読を聴いておさらいします。
その後、「反訳トレーニング」というのを行います。
英語ニュース本文からピックアップした文を、日本語から英語に直す練習です。
まずは、1文を3つに分けて、範読に続いてリピート。
次に、分解した1部分ずつを日本語の後に自分で英語で言ってみる練習。
さらに、1文全部を日本語の後に自分で英語で言ってみる練習。
これを3つの文で練習します。

上にも書きましたが、これは私が中学時代に自分でやっていた練習法です。
そして、今も塾で生徒に学校の教科書の本文を使ってやっている学習法です。
塾ではこれを「その英文を書く」までやりますので、さらにレベルが上がりますが。
英語学習としては一番ハードで、一番効果がある方法です。
とにかく、重要な英語表現を自分の中にインプットしないと、アウトプットなんて一生できません。
口をついて出る英語、すっと書くことのできる英語は、いつか覚えた英語そのままか、そのバリエーションです。
また、これはケアレスミス対策でもあります。
時制、冠詞の有無、前置詞は何を使うかなど、今学習している単元とは直接関係ないのに常に失点原因になることへの対策としても有効です。
ただの丸暗記ではなく、文法的把握をし、英語の構造を理解しながらの暗記が効果的です。

3つの文の暗唱の後、まだ続きがあります。
「では、今覚えた表現を利用して、別の英文を作ってみましょう」
そして、日本文が言われ、それを自力で英訳します。
発展練習まであるとは。
その後は、日本人講師と外国人講師とで、その英語ニュースに関する短い会話があります。
先程練習した重要表現をわざと織り込んで会話しています。
色々と工夫されたプログラムです。
これは、高校生にお勧めの番組です。
英語が得意な高校生なら、テキストは要らないと思います。
むしろテキストがあると「読む」ことに注意がいってしまい、ちゃんと聴かないし、反訳トレーニングもテキストをつい見てしまい、結果テキストを音読するだけになって効果激減の可能性があります。
テキスト無しで聴いて、内容の聞き取りも反訳トレーニングもどこまで可能か頑張ってみるとやりがいがあると思います。
ラジオ講座を聴こうと思い立った人が、書店で来月分のテキストを買い、いざその月になると思い立ったときの意欲がなくなっているというのはよくある話です。
今週から聴くことにしないと、モチベーションなんて泡のように消えていきます。
この番組、週に2回、合計で30分というのも、初めてラジオ講座に接する人にはハードルが低いと思います。

他にも、文科省の意向に沿って、今は「聴く」「話す」を意識した番組が多いです。
「世界へ発信!ニュースで英語術」という5分間の番組もあります。
月曜日から金曜日まで、毎日昼の12:55~13:00に放送。
土曜日の夜23:00~23:25に5回分まとめて再放送があります。
こちらも時事英語ですが、少しレベルが上がり、実際のニュース原稿が使用されます。
明瞭な範読と明晰な和訳の後、実際のニュースを聴きます。
「聴く」力の養成に特化した番組です。
テキストはありません。

「遠山顕の英会話楽習」という番組も最近試しに聴いてみました。
月曜日・火曜日・水曜日の朝の10:30~10:45。
土曜日の朝7:50~8:35と夜の21:00~21:45に3回分まとめて再放送があります。
遠山顕先生というと、もう30年近く前、「やさしい英会話」で、ネイティブ講師2人と声を揃えてノリノリで放送していたのを楽しく聴いたなあと懐かしく思い出します。
その後、「ラジオ英会話」に変わっても同じノリの番組を続け、長年のファンが沢山いるのだと思います。
英語学習という目的を越えた番組自体のファンがいるのですね。
私が初めて聴いた30年ほど前は若々しい声の溌剌とした先生でしたが、30年ぶりに聴くと、声がかなり老けていました。
口調が民放の名物ラジオパーソナリティーみたいになっています。
この番組は、高校生向けというよりも、長年のファンのための番組なのでしょう。
遠山顕の、と銘打っているところからもそれがうかがえます。
ノリについていけると楽しい。
そうでないと、ちょっと困惑するかもしれません。
テキスト範読は案外スピードが速い。
そして、高校英語・受験英語のボキャブラリーにはない語句が出てきます。
「話す」コーナーもスピーディーです。
長年の番組ファンへの信頼から、レベルはおのずと高くなる。
そんな印象の番組です。
高校生よりも、社会人・主婦・シニアの方にお薦めです。


「ラジオ英会話」も聴いてみました。
月曜日から金曜日まで、朝6:45~7:00。
再放送はその日の夜9:45からあります。
さらに、5回分まとめて日曜日16:30~17:45に放送されます。
「基礎英語3」を卒業して、なおもラジオ講座を聴きたい高校生は、この番組に進級するのが順当なのでしょう。
今月は「不定詞・動名詞」を扱っています。
内容は簡単で、英語が得意な高校生にはおそらく物足りない。
英語が苦手な子にはとっつきやすく、レベルもあっている番組と思います。
月曜日から木曜日までは毎日新しい会話文です。
文法事項や重要表現などの解説、リピート練習など普通の内容の番組です。
その日の重要文法事項を用いて日本語を英語に直す練習もありますが、これも文法の典型題という印象で、平易です。
易しいなあと思いながら月曜日から木曜日まで聴くと、金曜日は復習の日。
易しい番組のはずが、この日だけレベルが上がります。
「話す」力を鍛えるコーナーがあるのです。
例えば、
「あなたは、学校の先生です。いつも遅刻してくる生徒がいます。もう遅刻はしないと約束したのに、また遅刻をしてきました。その生徒の将来の夢は電車の運転士になることです。遅刻をする癖があっては、夢は叶いません。そのことを叱ってください」
・・・・はあ?
テキストがあればまた違うのでしょうが、耳で聴くだけですと、その英文が口をついて出るかどうか以前に、言うべき内容を覚えきれない・・・。
「ラジオ英会話」は、金曜日だけ聴くのもありです。

「英会話タイムトライアル」も聴いてみました。
月曜日~金曜日の朝8:30~8:40。
土曜日の朝7:00~7:50に5回分まとめて再放送があります。
これは「話す」に特化した番組です。
言われた日本語をとにかく英語に直す練習が繰り返されます。
日常レベルの英語がとっさに口をついて出るようにする練習です。
これも金曜日がハイレベルです。
対話形式の練習があり、放送の「無音」の部分を自分の英語で埋めていきます。
1文しか言えないこともあるでしょうし、5文くらいのまとまった内容を返すことも可能です。
模範を聴いて、もう一度トライできるのも良い構成です。
番組のレベル設定は「基礎英語3」と「ラジオ英会話」の間くらいで、ヨーロッパ言語共通参照枠A2~B1と、基礎学習者のレベルです。
しかし、「話す」というのは通常4領域の中で最も遅れてしまう能力で、その分やりがいもありますので、実際にやってみるとそんなに易しくないと思います。
これもテキストは見ないでやるほうが力がつくでしょう。

「聴く」「話す」をラジオ講座で伸ばす。
今回は、そんな話でした。
  


  • Posted by セギ at 14:18Comments(0)英語