たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年11月08日

来年からの中学の数学


本日も、午前中は、情報セミナーに参加し、勉強してまいりました、セギ英数教室、角木です。

来年から、中学は新指導要領になり、教科書は大改訂されます。
「ゆとり教育」で、3割削減されていた指導内容の多くが、戻ってきます。
数学の教科書は、例題解説や練習問題のページが増え、発展的内容も盛り込まれ、教科書の「参考書化」「問題集化」が言われています。

私としては、今度の改訂は、歓迎です。
今まで、公立中学生に数学を教えていて、ダメだなあと感じてきたことの1つに、応用問題への拒絶反応ということがあります。

基礎学力がある。
数学センスもいい。
これなら、都立上位校や私立有名校に入れるかもしれない。

そう思って、そのために必要な難度の高い問題を教えるのですが、どうにも身につかない子がいます。
「学校で習ってない」と言うんです。
習っていなくても、入試には、出るのですが。

ただ、気持ちはわかります。
そんなに難しいことを勉強しても、学校の定期テストには出ない。
「入試のときに必要だ」と塾のセンセイが言っても、そんなに先のことは、実感がわかない。
すぐに必要ではないことは、後回しになるのは、子どもも大人も同じです。

そして、中3の晩秋。
いざ志望校の過去問を解いてみると、30点しか取れません。
数学が30点では、合格は難しい。
だから、自校作成の都立上位校はあきらめ、一般都立に。
私立も、一般受験は無理だから、併願推薦だけ。
そんなふうに、どんどんランクダウンしていった子もいました。

もちろん、中1の最初から、私の言葉を信じて、不当なほどに難しい問題にもくいついてきてくれる公立中学生の子たちも、いました。
集団指導の上位クラスで、高度な公式も、定理も、応用問題の解法パターンも、競って身につけるムードになれば、あとは、楽勝でした。
私としても、その信頼は、絶対に裏切れません。
そういう子たちには、都立上位校でも、私立でも、行きたい高校に合格してもらいました。

だけど、「信じてついてきてくれた子たちにだけ、信頼に応える。私の言葉を信じなかった子は、志望校に行けないのは仕方ない」では、少しおかしいですよね。
中学生の稚拙な判断が、将来を左右してしまうなんて。
素質のある子には、その素質を順当に開花してもらいたい。

私立入試に出題されるレベルの問題が、最初から教科書に載っていれば。
数学が得意な子だけにでも、学校で教えてくれれば。
定期テストに1問だけでも、そのレベルの応用問題が出題されるようになれば。
子どもの意識が変わる。
学校では完全に理解できなくてもいいんです。
学校で少しでも教わり、必要なことなんだと子どもが理解すれば、塾で完全に身につけます。
新しい教科書なら、それがあり得るかもしれない。
私は、そこに期待しています。

写真は、昨年、日光で撮影した、クサギの実。



  • 同じカテゴリー(算数・数学)の記事画像
    1次不等式の文章題。
    対称式の計算と、数学の成績がなかなか上がらない理由。
    絶対値の難しさ
    数学と男女差。
    関数が苦手な子。
    数学が苦手になる分岐点。
    同じカテゴリー(算数・数学)の記事
     1次不等式の文章題。 (2017-04-20 14:18)
     対称式の計算と、数学の成績がなかなか上がらない理由。 (2017-04-13 14:54)
     絶対値の難しさ (2017-04-07 14:39)
     数学と男女差。 (2017-02-16 14:25)
     関数が苦手な子。 (2017-02-08 13:47)
     数学が苦手になる分岐点。 (2017-02-05 13:26)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    来年からの中学の数学
      コメント(0)