たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2015年03月02日

都立高校入試結果が出ました


本日、都立高校の合格発表がありました。
去年は、合格以外あり得ない盤石の状態でしたので、呑気に発表日を迎えました。
正直、今年は受験日当日に何が起こるかわからない不安がありました。

普通に力を出してくれれば合格する。
しかし、平常心を保てるかどうか。

でも、今朝連絡をいただいた結果、全員合格。
良かったー。

合格おめでとうございます。
(*'▽')

さて、塾は3月から新年度です。
新中学3年生の入塾を歓迎いたします。


以下、都立高校受験を目標とする新中学3年生に向けての、おおよその年間カリキュラムをお知らせいたします。

◎3月から春休みにかけて
中3だけを集めた春期講習は行いません。
まずは、個別指導から。
英語・数学の現在の実力を判断し、弱点をつかみ、補強を始めます。
春期講習期間は、ご希望の回数、個別指導を受講できます。
当ブログの「春期講習のお知らせ」をご覧ください。

◎1学期 
受験に向けての最初の準備期間です。
まず、英語と数学は、1対1の完全個別指導を週1回ずつ受講していただきます。
基礎力不足の人は基礎力の充実。
学校の授業は一応理解できているという人には、発展的な内容も含め、演習力の強化を図ります。
当塾は、個別指導の特性を活かし、本人の実力と志望校のレベルにあわせ、教材・授業内容を選定しています。
また、都立入試で特に重要な内申に関して、常に自覚を促します。
定期テスト対策を充実させ、テストでの得点力を高めます。
国語・社会・理科については、希望者に受験用教材をお分けします。
1学期中に中1・中2内容をひと通り復習するよう指導します。

◎夏休み
最大3名までの少人数制授業で、夏期講習を実施します。
夏期講習は、国語・社会・数学・理科・英語の5教科です。
都立入試の出題傾向に即した無駄のない学習を進めていきます。

◎2学期
英語と数学は、1学期に引き続き、1対1の完全個別指導を行います。
国語は英語の時間内に宿題の答えあわせと解説を中心に演習力を強化します。
社会・理科は、毎週土曜日に最大3名までの少人数制授業を行います。
都立の出題傾向に照準を定めた演習内容で、得点力を高めます。
同時に、定期テスト対策を充実させます。
毎年、中3受講生の2学期内申素点は、1人当たり平均約2点上がっています。

◎冬休み
最大3名までの少人数制授業で、冬期講習を実施します。
科目は、国語・社会・数学・理科・英語の5教科です。
過去問演習を中心に、実戦力を磨きます。
宿題の質と量は想像を絶するものだったと感想をいただいたことがありますが、それをこなせるのが、この時期の中3受験生です。

◎3学期
英語と数学は1対1の完全個別指導。
国語は英語の時間内に宿題の答えあわせを中心に演習力の強化を図ります。
社会・理科は毎週土曜日に最大3名までの少人数制授業を行います。
冬休みの後、入試本番までが実は案外長い。
スロースターターなら、ここで最後のスパートが可能です。
早めにスタートした子には、受験勉強の最後のゆるみを防ぎます。


◎平成26年度入試合格実績 (中3受験生2名)
都立神代高校合格 (推薦入試)
都立調布南高校合格

◎平成27年度入試合格実績 (中3受験生3名)
都立青山高校合格
都立豊多摩高校合格 (推薦入試)
都立杉並高校合格


◎費用
毎月の受講料
個別指導 週1科目受講で 月額2万円。
個別指導 週2科目受講で 月額3万6000円。
夏期講習 6万円の予定。(他に8月後半の個別指導も承ります)
冬期講習 6万円の予定。
土曜教室 社会・理科 2科目で月額1万円。

入り口は低料金でも、今さら塾を変えられない時期になってからの費用が高額に設定されている塾もあります。
受験のための年間の費用としては、上記の金額は高くありません。
ご検討ください。
  


  • Posted by セギ at 11:28Comments(0)コース案内

    2012年04月12日

    大人の数学教室、個別指導コース


    3月末より、大人のための数学教室も、新しい参加者の方を迎えました。
    以前より、参加者の方にはアナウンスしていたのですが、ここで改めて、大人のための数学教室、個別指導コースのご案内をいたします。

    ◎時間  平日の午後1時20分~、あるいは、午後3時~の90分間。
           曜日は、お問合せください。
    ◎内容  中学・高校内容の数学(テキストはこちらで指定)
    ◎費用  1回90分 4,000円

    お問合せは、左の「問合せ」ボタンを押してください。
    メール画面が表れます。
    メール本文には、受講希望レベル・電話番号をご記入ください。

    さて、本日、4月12日(木)は、大人のための数学教室でした。
    中3レベルに入りまして、本日は2回目。
    乗法公式の続きからです。
    公式は、当てはめて使えば簡単に問題が解けるので、とても便利なのですが、覚えないと使えません。
    ものを覚えることが苦手な現代の中学生には、公式は、鬼門。
    特に乗法公式の場合、覚えない中学生が現れます。
    「使わなくても、解けるじゃん」と言うのですね。
    (^_^;)
    この後、乗法公式を逆に使う、因数分解の勉強が始まり、そのときになって絶望するのです。
    塾に通っている子は、最初から、その助言を受けていますが、自分で勉強している子は、そのワナにはまりやすいです。

    さて、大人の場合。
    公式の重要性は重々わかっているが、新しい公式を頭の右から入れたら、その前に覚えた公式が、左から出てしまいそう、という感覚と闘う90分だったかもしれません。
    (*^_^*)
    繰り返し練習し、長期記憶としてとどめてください。
    計算処理は、やはり、大人が圧倒的に速いです。

    子どもは、問題をノートに書き写すと、とりあえず、ぼんやりとその問題を眺めてしまう時間というのがあります。
    解きたくない自分と闘っているのでしょうか。
    呼吸を整えているのでしょうか。
    ただ漠然と、ぼんやりしてしまうのでしょうか。
    本人は、あまり自覚していない様子ですが、見ている側にとっては、結構長い、そして謎の時間です。
    数学が嫌いな子ほど、この時間が長く、そして、集団指導では、与えられた時間の大半をそれに費やして、自分ではほとんど演習しないで帰ってしまいます。
    「新しいことを教わる時間」よりも、実は大切なのが、「解くところを見てもらう時間」。

    数学が嫌いな子には、個別指導が必要です。

    と、最後は、また宣伝でした。
      


  • Posted by セギ at 14:54Comments(0)コース案内