たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2012年08月22日

塾の宿題が解けない


集団指導塾は、「友達も通っているから」「親が行けと言うから」、という理由で何となく通っている子が、個別指導よりもどうしても多くなります。

そういう子は、当たり前ですが、塾から出された宿題は、やりません。
学習意欲も低いので、成績は、中1の1学期から徐々に下がっていきます。
これは、もうびっくりするほど明瞭で、私の勤めていた塾では、学力別に上下2つのクラスに分かれていましたが、下のクラスできちんと宿題をやってくる子は、ほとんどいませんでした。

けれど、そういう子でも、中学3年生になると、さすがに目覚め始め、勉強しようとし始めます。
ところが、それまでさぼるだけさぼっていた事実はそれほど簡単に克服できるものではありません。

もう今から自分は変わるんだと思い、塾の宿題をやろうとしても、解けない。
数学の計算問題くらいなら、やるだけはやれます。
でも、英語となると、これは完全な「積み上げ科目」ですから、中1・中2の学力的蓄積がないのに中3の問題を解くのは、無理があります。
そもそも、何か答を書こうとしても、単語のスペルがわからない。
英語長文なんて、3行くらいで内容がわからなくなります。
国語なら解けるかと言うと、文章を読むことに慣れていないので、問題文を読み通せないし、意味がわからない。
中3ともなれば、説明的文章もかなり抽象的な内容になりますから。
理科や社会は、知識がないので、ちんぷんかんぷん。
いちいちテキストに戻って、1つ1つ知識を確かめる地道な勉強ができる子なら、そもそも中3でそんな状態に追い込まれてはいません。

やる気がないわけではなく、解きたいけれど、解けない。
そういう状態になってしまいます。

塾から出される宿題をうまくこなせない。
「これをやれば成績が上がる」と言われても、やれないし、だから結果も出ない。

そうなったら、その塾はやめて、個別指導を受けるようにしたほうが早道なのですが、子どもは結果の出ない塾に惰性で通い続けることが多いです。
お兄さん、お姉さんが、その塾に通い、結果を出している場合は特に、やめたいと言っても、なかなか親がやめさせてくれない場合もありますし。
今の人間関係がありますから、やめると、その塾に通っている子に学校で何か言われる可能性もありますし。
環境を変えるのは、子どもには怖いことですし。


そういう子が、塾に通い続けながらどういう行動をとるか。
ここで、はっきり分かれます。

ありがちな行動の1つが、塾とは無関係な勉強を始めてしまうこと。
塾の宿題はうまく解けないので、市販の問題集を買って勉強をします。
しかも、問題集の中でも薄くて大判な「10日間完成、都立入試対策」といった、お手軽で、都立の出題傾向とは実は何も一致していない、あまり良いものではない問題集を選んでしまいがちです。
簡単で、自分にも解けそうな気がするからでしょう。
そういう問題集の特徴として、解答がすぐ横に書いてあることが多く、見ながら解いているのに、自分で解いたように誤解できるのも本人にとっては都合が良いのかもしれません。
短問短答形式であることが多く、問題も簡単です。
最後に、実際の入試問題風の模擬問題が1回分付いていることを指して「都立対策」と称しているのかなあ、というのが、そういう問題集の実態です。
それも、都立そっくり模試などと比べると、そんなに似ていないのですが。

その子の性格によっては、それを塾の授業中に堂々と開いて、勉強したりします。
反抗期とか、そういうことではないようです。
本人、悪気はないことも多いようで、あっけらかんとしています。
だって、塾のテキストの問題は、解けない。
だから、自分がわかる問題集で勉強しているんだ。
本人にとっては、それだけのことです。
塾の授業のない日も、自習に来て、それをやっていたりしますから。
しかも、10日で完成させる問題集のはずが、1日1ページ解いたくらいで「随分頑張ったな、自分」と満足してしまうので、入試まで、それ1冊で終わりです。
(^_^;)

当然ですが、そういう勉強をする子の合格率は、きわめて低いです。
そういう勉強をしているのを見たら、上に書いたような理由でダメなんだよと説明するのですが、体系的でボリュームがあり、だからそれなりに苦しい勉強をできない心の状態になってしまっている子は、残念ですが説得できず、そのまま無駄な勉強を続けてしまいます。
個別指導ならば、すぐ保護者に連絡し、実状を報告して、その問題集を使用禁止にしてもらいますが、集団指導塾では、講師が、教務を飛び越えて、保護者に直接連絡をとるということは、基本的に認められていないので、保護者が実態をなかなか把握できない場合が多いです。
講師と保護者との距離が遠いので、子どもが無駄な勉強をしていることに保護者がなかなか気づけないのは、集団指導塾の1つの問題かもしれません。

けれど、一番の問題は、本人の中にあります。
中1の初めから塾の宿題を解いていれば、そういう問題は生じません。
塾の宿題は、塾で習っている内容の復習の宿題。
塾の授業を聞いていれば解けるレベルの問題を宿題に出します。
その積み重ねで、宿題は徐々に難しくなっていきます。
量も多くなります。
だから、中3から急に勉強を始めた子が最初に感じる抵抗は仕方のないことです。

でも、じゃあ中3から勉強を始める子には挽回の余地はないのか。
もちろん、あります。
中1から真面目にやってきた奴にはかなわない。
でも、今よりは進歩したい。
そう思うから、解けない問題を抱えて塾に来て、授業を真剣に聞いて、何がわからなかったか、理解しようとする子は、います。
そして、家に帰って、また解き直す。
それを繰り返しているうちに、少しずつ、地力で解ける問題が増え、塾の宿題も解けるようになっていきます。
それが、学力が向上したということです。
そういう方向で頑張る子は、中3の夏から、ぐっと伸びていきます。

塾に通っているのに、塾のカリキュラムを無視した勉強をしている。
そんなことになっていないか、お子さんの塾のテキストとノートを、どうかチェックしてください。
  


  • Posted by セギ at 12:46Comments(0)講師日記

    2012年08月11日

    ミスの多い子


    セギ英数教室、夏期講習前半が終了しました。
    明日8月12日(日)より19日(日)まで、夏期休業とさせていただきます。

    晴れたら山に行きますが、今のところ、晴れの予報が出ている日が1日もありません。
    (^_^;)
    でも、とりあえず、山に行くかもしれませんので、電話・メールはつながらないことが多いと思います。
    ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。


    さあ、本日は、ケアレスミスの話。
    ミスの多い子、いますね。
    人間ですからミスはつきものですが、テストの度に、ケアレスミスで大量に失点してしまうようですと、理解力はあっても成績がなかなか上がりません。

    かく言う私も、この頃、若かった頃には絶対になかったミスをしてしまうことがあります。
    昨日は、授業時間を20分も早く終わらせてしまいました。
    わああああ。(@_@;)
    午後1時20分~2時50分という授業枠は、普段はない枠なので、気をつけてはいたのですが、とうとうやってしまいました。
    土曜日の大人のための数学教室の時間枠、午後1時~2時30分と混ざってしまいました。
    (@_@;)
    きちんと正確な時間に生徒さんが塾を出るようにすることは、安全上も必要なことなので、気がついたときは、悲鳴をあげました。
    幸い、事故はなく、ご理解もいただいて、良かった。
    ああ、良かったー。
    申し訳ありませんでした。

    40歳を過ぎると、人間は、こんなミスとの闘いです。
    大人のミスは仕事上のミスですから、大ごとです。


    一方、中学生たちは。

    ミスをした。
    直した。
    はい、これで正解でしょう。
    解き方は、わかっていたんだから、いいじゃない?

    最近の中学生には、そんな様子の子が、多くなりました。
    いや、よくないだろう、と私がその子のノートに青ペンで〇をつけると、ミスをしやすい子ほど、落ち込み方が激しいような気がします。
    むろん、私は、それが目的でやっています。
    いえ、落ち込ませるためにやっているのではなく、実際はこれだけミスしているんだということを、はっきり目に見える形にすることが、まずミスを減らす第一歩です。

    昔は、そういうことは、中学生になれば、自分でできました。
    間違えた問題は、自分でノートにバツをつけ、問題集に印をつけ、後でまた解き直す。
    そんなのは、当たり前の勉強法でした。
    でも、最近の中学生は、そのやり方を強制しなければ、自分ではやりません。
    問題集には、何の印もつけない。
    わからなくて答を見た問題も、ミスをして直した問題も、全部正解だったことにしてしまいます。
    ノートは赤丸ばかり。
    自分の失敗を、なかったことにしたいようなのです。

    1回ミスをしたら、それは「不正解」です。
    「直してできた問題」は、「直してできた問題」でしかない。
    それは、「間違えた問題」です。
    そこから目をそらしているから、同じところを同じように何度でも何度でも間違えてしまうように感じます。

    人間の心の在り方の特徴かもしれませんが、他人のミスは決して忘れず大きくとらえる一方、自分がミスしたことはできるだけ小さいことととらえますし、本当に忘れてしまいます。
    でも、そのために、同じミスを繰り返していることに気づいていない子どもは多いです。
    そして、それを指摘し、気づかせようとすると、嫌な顔をするか、ひどく落ち込みます。
    ミスをしやすい自分から目をそらすのは、心を守るためなのでしょうか。
    ミスしたことを認めてしまうと、心が折れてしまうのか?
    なんて脆弱なプライドなのだろう。

    子どもの自覚にまかせておくと、そのままです。
    テストの結果を見て、
    「ケアレスミスが多いね」
    と大人に言われても、子どもの中には、むしろ、それを褒め言葉のようにとらえる子がいます。
    ケアレスミスさえしなければ、出来たのだから、自分の能力は高い。
    そんな把握をしがちです。
    ケアレスミスなんて、大したことではない。
    不安が強い分だけ、彼らは、必死に自分を褒め、自分を励まします。
    「自分応援団」の多さ。
    本当のことを見えなくしている壁の厚さ。
    その結果が、トンチンカンな勉強と大量のケアレスミスでは、困ってしまいます。

    個別指導が効果的なのは、わからないところの説明が聞けるのでわかるようになることだけでなく、ミスを常に指摘され、学習姿勢が変わることにあります。
    ミスしやすい自分を認めることは、世界の終わりではありません。
    ケアレスミスによる失点も、全くわからなかった失点も、同じ失点。
    そう認めることは、それほど恐ろしいことではありません。
    そこから、始まるんです。
    でも、それには大人の補助が必要です。

    ミスをしないことはもちろん大切なこと。
    でも、もっと大切なのは、ミスをしたときに、できる限りの努力をすること。
    ミスをしたことを認め、反省すること。
    同じミスは2度としないこと。
    ミスしたばかりの私が言うと、何か言い訳めいてちょっと変ですが。

    ミスを減らすには、まず、自分がどれだけミスしているかを自覚することだと思います。


    それにしても、友人からもらったこの画像。
    なんでカブトムシに練乳宇治金時アイスを与えているんだ。
    せめてスイカ味のアイスキャンディーはなかったのか。
    これも、ケアレスミスでしょうか。

    それでは、みなさま、よいお盆休みを。
      


  • Posted by セギ at 23:27Comments(0)講師日記