たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2015年08月28日

夏休みの宿題


さて夏休みも終わろうとしています。
宿題の進み具合はいかがでしょうか。
大量に残って、泣きながらやっている子が可哀想で、つい手伝ってしまう方もいらっしゃると思います。

でも、本当は、宿題は手伝わないほうがいいです。
出来ないのなら、出来ないまま学校に行って、叱られるほうがいいんです。
夏休みの最後に家族総出で宿題を片付けたことは、時間が経つと子どもにとって楽しかった思い出に変わります。
興奮して、ドーパミンが出てしまうんだそうです。
そして、ギリギリ間にあった「成功体験」として記憶されます。
楽しくて、しかも成功したことは、翌年もまたやってしまいます。

そういう子は、受験のときも、同じようにやってしまいます。
受験が近づいているのに、なかなかエンジンがかからず、
「僕は、直前で頑張るタイプだから」
と、謎の発言をする生徒が過去に何人かいました。
ギリギリで頑張った成功体験が記憶に残ってしまっているんですね。
当然、入試直前で志望校を低めに変更してどうにか合格するか、残念な結果に終わる場合が大半でした。

ただ、幸せな子ども時代の記憶の1つに、親が宿題を手伝ってくれたことも残るのなら、それもいいのかもしれません。
今後の学力的な伸びはあまり期待できなくても、幸せな記憶があることは、人生にとって大切なことかもしれない。
勉強ができることだけが幸せではない。
なんて、塾講師が言うことではないかもしれませんけれど。
(*^-^*)


ところで、宿題代行業という謎の業者も、最近は存在するそうです。
自由研究とか、工作とか、絵とか、作文とか。
そういうものに関しては、そういう業者が存在するのも何となく理解できます。
でも漢字ドリル・計算ドリルなども請け負うのだとか。
勉強が出来ない子向けというよりも、中学受験生の親がそういう業者に頼むことが多いそうです。
小学校のそんな宿題は受験勉強の邪魔だから、という考え方でしょう。

夏休みの宿題に限らず、毎日の中でも、学校の漢字ドリル・計算ドリルの宿題を受験勉強の邪魔扱いする小学生はいつの時代も一定数存在します。
ただ、少し意地悪な言い方をすれば、そういうことを言う子ほど、受験生としての実力はぱっとしない場合が多いです。
ぱっとしない劣等感から、小学校の勉強をバカにすることでバランスを保っているのかもしれません。

学校の漢字ドリル・計算ドリルは簡単すぎるから、勉強にならなので邪魔?
でも、簡単すぎるのなら、ちゃちゃっとやってしまえばいいのです。
1年間使う計算ドリルでも本気でやれば2時間程度で終わるのが、受験生の実力というもの。
夏休みの宿題の量なら、30分。
毎日の宿題なら、10分で終わります。
もたもたと時間がかかるのは、本人に集中力や計算力がない証拠。
だったら、その計算ドリルは本人の実力にあっている良い教材なので、一所懸命やったら良いと思います。
基本的な計算力がなくては、受験算数の成績も伸びません。
突き抜けた秀才は、小学校の易しい勉強も無心に淡々とこなします。

ただ、漢字ドリルに関しては、学校の先生の方針で、
「答えの漢字だけでなく、問題文全文をノートに3回ずつ書き写しなさい」
といった謎の苦行が与えられることもあり、こうなると少し話が違ってきます。
これ、英語でも、空所補充問題の空所だけでなく全文をノートに書くよう指示する先生もいます。
そうさせる意図はわかります。
しかし、こういう学習で効果があるのは、かなり頭の良い子に限られます。
やめてくれるとありがたい学習方針です。

頭の良い子は、こういう単なる書き写しの中からでも多くのことを学びとります。
何を見ても分析したり統合したりを無意識に繰り返すのが頭が良いということ。
ただ書き写すだけで、その漢字の用法やその英文の全体の構造を無意識に把握します。
多くのことを学びます。
書き写しは、本来、意義深いことです。

しかし、それは、そういうふうに頭が働くタイプの子に限られます。

現実には、頭の動かし方が受動的な子のほうが、圧倒的に多いのです。
単なる書き写しからは、何も学びません。
「門前の小僧、習わぬ経は聞き流す」。
ただ書き写すだけでは何1つ覚えない子は多いのです。

しかも、勉強といえばただ書き写すだけという、訳のわからない学習習慣が生まれてしまうことさえあります。
テストしてみると、3回書き写しても、何も覚えていません。
でも、そのことは正視しません。
書き写したから、勉強したんだー。
そんなことで満足している子になってしまうことがあります。

受動的な学習姿勢の子に単なる書き写しをさせるのなら、その子が学習者として自立できるまで、そのことから何を学ぶことができるのか、ずっと傍にいて教え続けなければなりません。
そこまでしないと何も学べない子が多いです。
でも、そこまで教えれば、それによって伸びる子もまた多いと思います。

  


  • Posted by セギ at 11:32Comments(0)講師日記

    2015年08月04日

    塚本晋也監督『野火』を見てきました。


    『野火』という映画が作られた。
    『六月の蛇』や『KOTOKO』などで国際的な評価の高い、世界のツカモトが、私財をなげうってほぼ自主製作の形で『野火』を撮った。
    その激しい描写に、見る者は衝撃を受け、嗚咽が止まらない。

    ・・・・・・との噂を聞き、渋谷まで映画『野火』を見に行ってきました。
    平日のせいか、高齢者が目立ちました。
    あとは大学生かな。
    でも、考えてみたらそれは凄い話で、高齢者はいくらシルバー料金だからと言っても、そんなに気安く映画は見に行かないと思うんです。
    しかも、平日の昼間の回でほぼ満席。
    戦後70年。
    どうしても、この映画は見なければ。
    我々が幼い頃からその気配をよく知っている戦争を、この年下の監督は映像化できているのか?
    それを確かめなければ。
    そんな使命感が漂っているようにも感じました。


    大岡昇平『野火』。
    高校の現代国語の教科書に載っていました。
    勿論、全文のわけはなく、冒頭からある程度までですが。
    結核に冒された主人公が、本隊を追われ、野火を眺め、原生林を彷徨う描写は何となく覚えていました。
    夏休みの国語の宿題が、この『野火』を全部読んで感想文を書くことで、これが物凄く厄介だった記憶があります。
    確か高校1年生のときだったと思うのですが、高1の私には、読解力と呼べるほどのものはありませんでした。
    『野火』は、高校生の私には、正直、難し過ぎました。
    何が書いてあるのか、本当にわからなかったのです。
    ( 一一)

    でも、感想文は書かねばなりません。
    そこで、私は、自分の読解力でもよくわかる『ビルマの竪琴』との比較感想文を書きました。
    『野火』に書いてあることは、おそらく史実だ。
    一方、『ビルマの竪琴』の作者は、ビルマに行ったことはない。
    玉砕せず全員で投降した「歌う小隊」なんて存在しない。
    現実の帝国陸軍は、『ビルマの竪琴』のような呑気なものではなかったと思う。
    しかし、戦争で傷ついた日本人の心に、あの夢物語は必要だったのではないか。
    1人の日本人の青年が戦地に残り、日本兵の遺骨を弔うことに生涯を捧げるというイメージは救いになったのではないか。
    あの物語にこめられた、戦争は嫌だ、戦争だけはもう嫌だという気持ちには、嘘はないのではないか。
    ・・・・と、おおよそそんなことを感想文に書いたと思います。
    それは、ほとんど、『ビルマの竪琴』の感想文じゃないか。
    しかも、『野火』も読みこなせなかったくせに、どんだけ視点が高いんだ。
    でも、その感想文、国語の先生に絶賛されました。
    すいません。今更ですが、謝ります。
    ( 一一)

    塚本晋也監督が小説『野火』と出会ったのも、高校生のときだったそうです。
    まるで自分が戦争に行っているような気持ちになったといいます。
    そして、『野火』の映画化をずっと願って来たそうです。
    戦争体験者の高齢化を心配し、早くから話を聞き、2005年には、フィリピン戦友会の方たちに同行し、遺骨収集事業にも参加されたそうです。
    「戦後70年経って戦争体験者がいなくなり、肉体的な実感を持って痛みや恐怖を語る人が少なくなると、国が戦争に傾いていく恐怖を感じています」
    と、塚本監督は語っています。
    ただし、この映画は、どんなイデオロギーにも染まっていません。
    ただただ、本当の戦場を描いているんです。

    レイテ島での日本人戦没者は8万人。
    フィリピン全体では50万人。
    そのうちの8割が飢餓や病気による戦病死だったと、映画パンフレットに書いてあります。

    映画の内容については、ここで多くを語る必要はないと思います。
    私の感覚では、ほぼ原作通りです。
    映画を見た後、原作を読んでみたら、ああ、そういうことかと、スルスルと読み通せました。
    そうだ、こんなにはっきり描いてある。
    なぜ、私は、これを読めなかったんだろう。

    この映画は体験する映画。
    画面が大きければ大きいほど、1時間30分、主人公とともにレイテ島を彷徨う映画です。
    どんな絶望よりも深い絶望に、ともに呻き、戦慄する映画です。
    でも、グロテスクな描写というのではありません。
    映像は、むしろ美しい。
    美しい原生林の中で、人間は疲弊し、殺しあいます。
    美しいから戦慄します。

    原作の終わり近くにはこうあります。
    「この田舎にも朝夕配られて来る新聞紙の報道は、私の最も欲しないこと、つまり戦争をさせようとしているらしい。現代の戦争を操る少数の紳士諸君は、それが利益なのだから別として、再び彼等に欺されたいらしい人達を私は理解出来ない。恐らく彼等は私が比島の山中で遇ったような目に遇うほかはあるまい。その時彼等は思い知るであろう。戦争を知らない人間は、半分は子供である。」
    これが、昭和27年に刊行された小説の一節であることにも、私は戦慄します。


      


  • Posted by セギ at 20:16Comments(0)講師日記