たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2020年03月22日

多摩湖自転車道から、狭山公園と八国山を歩いてきました。2020年3月。

多摩湖自転車道から、狭山公園と八国山を歩いてきました。2020年3月。

今年は例年より10日も早く桜が咲きました。
ということで、自転車に乗って、お花見に行ってきました。
コンビニでサンドイッチとおにぎりとコーヒーを購入。
武蔵境駅の連絡通路を抜け、そのまま北に直進しました。
ドラッグストアの前で、行列を発見。9:10。
ああ、本当に、開店前から行列ができているのですね。
今日は日曜日なので、多少若い人もいましたが、大半は高齢者です。
本当に必要で並んでいる方もいるのでしょうが、マスクやトイレットペーパーはもう家に十分あるのに、毎日毎日行列に並んでいる高齢者もいると聞きます。
精神的に、何かちょっと変なモードに入ってしまっていて、自分ではその行動を変えることができないのかもしれません。
お花見でもして、少し気持ちを変えられるといいなあ。

マスクは、1年前に1箱購入したマスクが、あと10枚ほど。
それは、都の感染状況がもっと悪化した最悪のときのために備蓄し、今のところハンカチマスクでしのいでいます。
トイレットペーパーは、12ロールのパックの封を切ると、次の12ロールを買うのが習慣なので、あと4か月はもちます。
アルコール除菌ペーパーはもうすぐなくなるけれど、そのときには、台所用の塩素系漂白剤で全て除菌するので、大丈夫。
心配ないさー、と心の中で歌いながら、北へと自転車を走らせました。
桜橋交差点をそのまま直進。
浄水場西の交差点で左折。
大きな通りを信号で渡ると、多摩湖自転車道の入り口です。9:15。

自転車道は空いていました。
自転車道と並行している歩道を普通に歩いている歩行者が多いのも、助かりました。
「歩行者優先」の掲示が多いせいか、広い歩道が空いていても、自転車道のほうをわざわざ歩く歩行者が例年多いのです。
だからなのか、昔と比べて、本当の自転車好きは、この道をあまり走らなくなったようです。
スピードを出せないと、つまらないですものね。

ソメイヨシノは、八分咲きとの報道でしたが、見た目はもう満開と感じました。
ときどき、自転車を停めて、撮影。

今年も、いちご大福などの出店が出ていました。
桜まつりは、小金井も小平も、今年は中止でしょうか。
それとも、桜まつりの開催時期よりも早く桜が咲いただけでしょうか。
お祭りののぼりはありませんでしたが、レジャーシートを敷いてお花見をしている人たちを見ることができました。
外とはいえ、やはり2メートル以上の間隔を空けてシートを敷いている様子です。

狭山公園南口。10:15。
自転車道と別れ、ここから公園内に入りました。
広い舗装道路の上り坂から、平らな道に続きます。
宅部池の脇を通り、風の広場を抜けて、桜口へ。
ここから狭山公園を出て、横断歩道を渡り、八国山に向かいました。
去年の記憶をたどり、八国山を左手に見ながら、東に向かいます。
あまり八国山に近づき過ぎると行き止まりの道に入り込むので、西武線を挟んで少し距離を保ちながら東へ東へと向かいました。
八国山のころころ広場到着。10:30。
ここには駐輪場があるのです。
自転車を置いて、近くのベンチで山を歩く支度をしました。

八国山は、近所の人が散歩をしたりジョギングをしたりする里山です。
登る苦労など全くない山ですが、それでも、久しぶりの山歩き気分を楽しめました。
舗装された遊歩道から、尾根道へ。
東京都と埼玉県所沢市との境界線を歩いていきました。
広く歩きやすい尾根道です。
去年は将軍塚まで歩きましたが、さすがに何もないことがわかっているので、今年は途中からほっこり広場へと下りました。
桜の咲く小さな広場で、早めの昼食。11:15。
テーブルやベンチがぽつんぽつんと離れて設置されてあり、意識しなくても他の人とは10メートル以上の距離が保てます。
その安心感もあるからか、みなさんのんびりされていました。
今日は5月並みの陽気とか。
青空に桜が映えています。
飽かず眺めました。

八国山は、しっかりとした広い遊歩道が何本も通っていますが、その遊歩道を結ぶ細い道もあり、さらに山歩き気分を楽しめます。
細い道からふたつ池へと下りていき、ころころ広場に戻ってきました。
出発前にトイレに。
ここのトイレは全部和式で、ほっとしました。
手を洗った後、アルコール除菌ティッシュでさらに除菌もして、さて出発。

来た道をのんびり戻り、桜口から再び狭山公園に入りました。
朝よりも少し人が増えてきた気がしますが、何しろ広い公園なので、人混みという感じはありません。
堤防橋に登ると、多摩湖が一望できました。
多摩湖の水位がいつになく高いように感じます。
ちゃぷちゃぷと堤防にぶつかる水音が聞こえてきました。
幅の広い堤防橋からは、奥多摩の山々が霞んでうっすらと見えました。

さて、帰ろう。
再び、多摩湖自転車道へ。12:10。
朝よりもまた少し開いた様子の桜を眺めながら、のんびりと来た道を戻りました。




  • 同じカテゴリー()の記事画像
    山の本を読みました。『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』。
    山に行けないので、山の本を読みました。
    景信山南東尾根から高尾山を歩きました。2020年2月。
    南高尾山稜を歩きました。2020年2月。
    陣馬山から高尾山へ縦走しました。2020年2月。
    北高尾山稜を歩きました。2019年12月。
    同じカテゴリー()の記事
     山の本を読みました。『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』。 (2020-07-14 14:14)
     山に行けないので、山の本を読みました。 (2020-06-28 15:35)
     景信山南東尾根から高尾山を歩きました。2020年2月。 (2020-02-24 14:12)
     南高尾山稜を歩きました。2020年2月。 (2020-02-10 12:17)
     陣馬山から高尾山へ縦走しました。2020年2月。 (2020-02-03 11:53)
     北高尾山稜を歩きました。2019年12月。 (2019-12-16 13:34)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    多摩湖自転車道から、狭山公園と八国山を歩いてきました。2020年3月。
      コメント(0)