たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2020年01月18日

新指導要領に思う。

新指導要領に思う。


このブログの本当に初期のものを読み返し、以下の内容のものを発見しました。
中学でようやく「ゆとり教育」が終わり、新しい学習指導要領になるときのものでした。
新しい学習指導要領とは、現行の指導要領です。
小学校では、来年度からさらに新しい学習指導要領となります。
その変わり目の今、昔のブログを読むと、当時との違いに感慨を新たにしました。
以下、当時のブログを採録します。


来年から、中学は新指導要領になり、教科書は大改訂されます。
「ゆとり教育」で、3割削減されていた指導内容の多くが、戻ってきます。
数学の教科書は、例題解説や練習問題のページが増え、発展的内容も盛り込まれ、教科書の「参考書化」「問題集化」が言われています。
私としては、今度の改訂は歓迎です。
今まで公立中学生に数学を教えていてダメだなあと感じてきたことの1つに、応用問題への拒絶反応ということがあります。
基礎学力がある。
数学センスもいい。
これなら、都立自校作成校や私立有名校に入れるかもしれない。
そう思って、そのために必要な難度の高い問題を教えるのですが、どうにも身につかない子がいます。
「学校で習っていない」と言うんです。
習っていなくても、入試には、出るのですが。

ただ、気持ちはわかります。
そんなに難しいことを勉強しても、学校の定期テストには出ない。
「入試のときに必要だ」と塾のセンセイが言っても、そんなに先のことは実感がわかない。
すぐに必要ではないことは後回しになるのは、子どもも大人も同じです。

そして、中3の晩秋。
いざ志望校の過去問を解いてみると、30点しか取れません。
数学が30点では、合格は難しい。
だから、自校作成校はあきらめ、一般都立に。
私立志望の場合も、一般受験は無理だから、単願推薦だけ。
そんなふうに、ランクダウンせざるを得ない子もいました。
もちろん、中1の最初から、私の言葉を信じて、不当なほどに難しい問題にもくいついてきてくれる公立中学生の子たちもいました。
集団指導の上位クラスで、高度な公式も、定理も、応用問題の解法パターンも、競って身につけるムードになれば、あとは楽勝でした。
私としても、その信頼は絶対に裏切れません。
そういう子たちには、都立自校作成校でも、私立でも、行きたい高校に合格してもらいました。

だけど、「信じてついてきてくれた子たちにだけ、信頼に応える。私の言葉を信じなかった子は、志望校に行けないのは仕方ない」では、少しおかしいですよね。
中学生の稚拙な判断が、将来を左右してしまうなんて。
素質のある子には、その素質を順当に開花してもらいたい。

私立入試に出題されるレベルの問題が、最初から教科書に載っていれば。
数学が得意な子だけにでも、学校で教えてくれれば。
定期テストに1問だけでも、そのレベルの応用問題が出題されるようになれば。
子どもの意識が変わる。
学校では完全に理解できなくてもいいんです。
学校で少しでも教わり、必要なことなんだと子どもが理解すれば、塾で完全に身につけます。
新しい教科書なら、それがあり得るかもしれない。
私は、そこに期待しています。


・・・さて、引用はここまで。
現在の私に戻ってまいりました。
ほんの9年前のことなのに、隔世の感があります。
今、公立中学校の生徒で、応用問題を解かせてこのような抵抗を示す子は存在しません。

本人の学力によっては、問題を解きたがらないということは、今もあります。
教わるのは好きだが問題演習は苦手で、宿題を出しても解いてこない子はいます。
1問わからないと、そこから先は全部解いてこないのです。
「わからなかった」といって、全て授業で教わろうとします。
そういう子は、現代も存在しますし、伸ばすのが難しいタイプの子です。
昔ならば、集団指導の授業で受験テクニック的なことを教わると満足し、良い授業を聞いたことで自分の学力は伸びたと誤解する子です。
今ならば、ネットの授業動画を見るだけで満足する子も、このタイプに入るでしょう。
しかし、聴いただけ、見ただけでは、学力は伸びません。
それで得た知識をもとに、さて、自力で問題を解くことができるのか?
テストは、演習力がものを言います。

最初は誤答ばかりでも、本人なりに何かを考えて根拠をもって解いてきてくれるなら、それに対し指導も補助もしていくことが可能です。
必ず伸びます。
しかし、全く解いてこない、あるいは「勘」で解いてくるだけで考えて問題を解くということがない場合、いつまで経っても演習力は養えません。
本人にとっては、わからないから解けない。
わからないから「勘」で解いている。
そこを直せと言われるのは不当だという気持ちがあるかもしれません。
受験が近づいても、志望校の過去問をまともに解けない。
「勘」で解くしかない。
そういう学力の子は、今も存在します。

しかし、基礎力は十分あるのに、定期テストには出ないからと応用問題の演習を拒むような子は、今は公立中学の生徒でもほとんど見なくなりました。
理由は単純。
定期テストに応用問題が出るからです。
しかも、移行措置で、テストに新傾向の問題もちらほら見られるようになってきています。
授業で扱われたわけではなく、既存の問題集にも存在しないタイプの問題が、するっと定期テストに出題されています。
今は配点が低いので影響は少ないですが、これの配点が高くなると、本人の思考力が得点を左右するようになっていきます。

新傾向というのは、まさに新傾向なので、その新傾向を分析するのは最初のうちは極めて難しいのです。
AIが分析しますよ、などというのは胡散臭い。
AIは、過去のビッグデータをもとに分析しますので、新傾向には弱いのです。
次のテストで何が出題されるかの特定は不可能でしょう。
そして、「新傾向」と称する問題に、出題頻度の高い形式が生まれてきたとき、それは新傾向でも何でもない「典型題」となっていきます。
AIが統計的にこういう問題の出題度数が高いと判断する頃には、既に人間の講師が典型題の判断をしているはずです。
問題として質が高い良問であるという判断基準が人間にはありますから。

しかし、こんなふうに書くのも、当時と比べると隔世の感があります。
個別指導塾を開いたばかりの当時の私のライバルは、集団指導塾であり、学生アルバイトを多数抱える大手個別指導塾でした。
現在の私のライバルは、授業を動画で提供する有料サイトであり、AIを活用した個別指導プログラムです。

学力向上の根本は基礎力。
基礎力を鍛えるカリキュラムの選定は、AIにも可能でしょう。
ただ、誤答する子の理由は様々です。
知識不足にしろ何にしろ、根拠をもって本気で解いて誤答したのなら、その能力をAIは正確に判定できるかもしれません。
しかし、「勘」で解いている子に次に解くべき適切な問題を指示できるのでしょうか。
また、理解はしているけれど多種多様なケアレスミスを繰り返す子に、正しい次の指示ができるでしょうか。
そうしたことは分析できず、誤答すれば少し易しい類題を指示するだけ、ということはないのでしょうか。
毎回、解けば解くほど「易しい類題の森」に迷い込み、それでもケアレスミスを繰り返すので、学力がついたと見なされない、という可哀想な子が現れないと良いのですが。

3.5-1=4.5 といった計算ミスをする子は、小数の計算の仕組みが理解できていないとは限りません。
答案を書くときのほんの一瞬、脳に何かが起こるのでしょう。
そうしたミスを見たとき、私は、その子に小数の計算の復習は命じません。
そうした子は、小数の計算だけを間違うわけではなく、次の問題では、56÷2=26 と暗算ミスをしてしまったり、さらに次の問題では、2x2と書くべきところを2x3と書き誤ってしまうのです。
ミスの原因は小数の理解不足ではありません。
しかし、AIは、小数の復習を命じるかもしれません。
それを命じられた恥ずかしさで、細心の注意を払うようになり、ケアレスミスが減る子もいると思います。
しかし、どこまでレベルを下げても、それでもケアレスミスをする子もいると思います。
小数の計算なんかできるよと思いながら、しぶしぶ解くと、それもまた、ケアレスミス・・・。
気がつくと、小学校の算数の復習コースに迷い込んでいた・・・。
そんな学力ではないのに。
その都度チューターに相談してレベルを操作し直してもらう繰り返し。
そんなことにならないと良いのですが。

教材会社から送られてくるAI導入のパンフレットなど見ながらも、初期費用の高さ以上にまだ心配な点が多くあり、導入する気にはなれません。
うちの教室に通ってくれる生徒の成績が順調に上がっている現在、私が判断したほうが適切だという気持ちがあります。
当面情勢を観察します。





  • 同じカテゴリー(講師日記)の記事画像
    小学校算数。点対称の図形。
    オンライン授業を始めています。
    確証バイアスと計算ミス。
    伝わる人には伝わり過ぎて。
    「これだけで大丈夫」という勉強法は危ない。
    少しでも良かったことをあげるなら。
    同じカテゴリー(講師日記)の記事
     小学校算数。点対称の図形。 (2020-06-30 13:24)
     オンライン授業を始めています。 (2020-06-11 14:21)
     確証バイアスと計算ミス。 (2020-05-15 12:26)
     伝わる人には伝わり過ぎて。 (2020-04-17 13:32)
     「これだけで大丈夫」という勉強法は危ない。 (2020-04-05 14:36)
     少しでも良かったことをあげるなら。 (2020-03-15 16:47)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    新指導要領に思う。
      コメント(0)