たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年05月11日

十枚山のクマはぎ



昨日歩いた十枚山。
「枚」というのは滝を数えるときに使う単位。
登り下りの急なことを、静岡の古い言い方では、「登り十枚、下り十枚」と言うそうです。
滝がいくつも続くような急斜面、という意味らしいです。
確かに、一本調子の登りの続く、急斜面の山でした。
静岡の安倍川のほとり、六郎木から登り、シイタケ栽培地を過ぎた分岐を左にとって、ヒノキの林の続く急登を延々と歩きました。
随分と高いところまで植林の続く山でした。
「熊出没注意」の大看板が立っていて、これは、ただごとではないなと思いながら歩いていくと、なるほど、この山には熊がいます。
木には、爪痕がくっきり。
これは、「クマはぎ」と呼ばれるもののようです。
木の皮がはがされてしまっています。
熊は、皮をはがして形成層をかじります。
スギ・ヒノキなどの造成林の木をかじってダメにするので、林業の人は、熊を、害獣と呼びます。
何のためにこんなことをするのかは、まだよくわかっていません。
交尾期のサインポスト説。
木に含まれる良い匂いを楽しんでいるとする説。
とりあえず、登山者には、この山に熊がいることが、ストレートに伝わってきます。






  • 同じカテゴリー()の記事画像
    南高尾山稜を歩きました。2020年2月。
    陣馬山から高尾山へ縦走しました。2020年2月。
    北高尾山稜を歩きました。2019年12月。
    奥多摩 浅間尾根を歩きました。2019年11月。
    一ノ尾根から陣馬山、高尾山へと縦走しました。2019年11月。
    台風一過の奥高尾を歩いてきました。2019年10月。
    同じカテゴリー()の記事
     南高尾山稜を歩きました。2020年2月。 (2020-02-10 12:17)
     陣馬山から高尾山へ縦走しました。2020年2月。 (2020-02-03 11:53)
     北高尾山稜を歩きました。2019年12月。 (2019-12-16 13:34)
     奥多摩 浅間尾根を歩きました。2019年11月。 (2019-11-18 11:41)
     一ノ尾根から陣馬山、高尾山へと縦走しました。2019年11月。 (2019-11-11 13:43)
     台風一過の奥高尾を歩いてきました。2019年10月。 (2019-10-21 12:51)

    この記事へのコメント
    勘違いしてました。十枚山は阿部奥の山なのですね。そして深い山。
    熊には驚きますね。
    Posted by すこや at 2011年05月11日 22:42
    すこやさん、ありがとうございます。
    今では、林道が伸び、日帰りが可能になりましたが、深山の雰囲気を残す山でした。
    (*^_^*)
    Posted by セギ at 2011年05月12日 12:40
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    十枚山のクマはぎ
      コメント(2)