たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年09月12日

御嶽山ハイキングに行きました



昨日の日曜日は、みたか身の丈起業塾3期生の仲間プラスfacebookの友達の5人で、奥多摩にハイキングに行きました。

御嶽駅からバスに乗り、さらにケーブルカーに乗って、山頂へ。
例年、8月になると、御嶽山はレンゲショウマ祭りが開かれます。
地元の人が丹精込めた5万株のレンゲショウマが風に揺れる中を歩いてみたいものだと長く考えていましたが、何しろ、8月はいつも夏期講習です。
お盆休みは日本アルプスに行ってしまいます。
奥多摩に行くことはないままでした。
ところが、今年は、開花が遅れ、9月上旬まで見ることができそうだという情報があり、ちょっと寄り道して、レンゲショウマ群生地に入りました。
咲いている。
5万株の迫力はありませんが、そこかしこで、レンゲショウマが風に揺れていました。


御嶽神社に参拝した後は、ロックガーデンを周遊。
台風12号の影響か、比較的水量がありました。
広葉樹の繁る明るい林の中、黒い岩に鮮やかな緑色の苔がつき、白い水しぶきがあがる道を、綾広の滝まで歩きました。
ときおり飛び石で沢を渡りながらの涼しい道でした。


戻ってきて、見晴しの良いベンチで昼食。


そこからは、ゆるやかな道を日の出山へ。
山頂は高曇りで、思いがけず遠くまで見通すことができました。
新宿の高層ビル群。
スカイツリー。
目を転じれば、丹沢の山波。
見ていると、えだまめさんが、ちょっと挙動不審なくらい端に出て、熱心に景色を見ているので、声をかけました。

「地続きだということは、山の上からでないと確かめられないので」

新宿も、三鷹も、彼の住む町も、丹沢も、奥多摩も。
電車で移動していると、点として感じらるそれぞれの場所が、地続きでつながっていることを、確かめておくこと。
霞んで見えないけれど、そのはるか先に地続きでつながっている、旅をしてきたばかりの東北の町も、彼は見ていたのかもしれません。


その朝、御嶽駅からどっと下りた登山客の流れに乗れず、人に道をゆずってばかりでちっとも前に進まないえだまめさんとコフィさんを振り返り、やれやれ、いかにもお2人らしい、と思いながら、私は先に改札を出てバス停に向かいました。
発車した1台目のバスの中から、長い行列のはるか後ろに並んでいた2人に、さて、終点のケーブル下バス停で待つことにするかと考えながら、私は、妙に腑に落ちる感じで、晴れ晴れと手を振りました。

写真は、群生地に咲いていた、レンゲショウマ。
  


  • Posted by セギ at 13:41Comments(4)