たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年08月29日

夏休みの宿題


土曜日にテレビを見ていたら、ちょっと面白い実験をやっていました。

小学生に、3枚の学習プリントを渡すと、20分ほどで全部解いてしまう。
それを4セット繰り替すと、休憩も含め2時間で、12枚のプリントを終わらせてしまうことができました。
一方、12枚のプリントを1度に渡すと、すぐに飽きてしまい、やたらに休憩し、結局、2時間で、半分しか終わりませんでした。

夏休みの宿題が終わらない理由は、ここにある。

うーん、なるほど。(ー_ー)!!

一度にたくさんの課題を与えられると、それを一気にやろうとして、なかなか終わらず、飽きて、途中で嫌になってしまうのですね。
少しの課題を与えられたときのペースでやっていけば終わるのに、それができない。

夏休みの宿題を7月中に終わらせるぞ、と意気込んでいた子に限って、8月末になっても終わらないことが多いですね。
1日2ページずつ、夏休みが終わるまでに終わらせよう、と考えている子は、むしろお盆前に終わっていたりします。

たくさんの課題は、自分で分割する。

一度に多種類のことをやらなければならないときには、それらを横並びにして一度に考えないで、優先順位をつけて縦に並べ、1つずつ片付けていく。

大人になれば必要にせまられて身につくこうしたことも、子どもは自力ではなかなか発想できません。

何とか計画的にものごとをこなせる子に育てたいと思い、幼い頃からつきっきりで計画的にこなさせ、成功体験を積み重ねて、計画的にやるのが楽しい、嬉しい、と感じる子どもに育て、ああ良かった、と思っていたら、中学生や高校生の頃に性格が激変することもあり得ます。
一気にやってみたら、思いのほか楽しかった。
ギリギリ間に合うかどうかのスリルが、達成感と結びついて、かえってこのほうが楽しい。
そんな成功体験を勝手に身につけてしまうんですね。

私自身も、子どもの頃は、計画的にものごとをこなす子でしたが、今は、「1日を3分割して云々」とやたら綿密な人生計画を提唱するビジネス書など、読むだけで肩が凝ります。
たとえ成功しても、その生活に私の幸せはあるだろうか、なんて考えてしまったり。
まあ要するに、そんなふうにしたくないだけなのですが。

なので、夏休みの宿題を、几帳面にこなす子も、今、泣きながらやっている子も、好きです。
とにかく、終わらせるんだ。
今は、それだけだ。
絶対にあきらめるな。
あきらめなければ、必ず終わるんだ。
(*^_^*)

写真は、槍ヶ岳山頂直下のハシゴ。
このハシゴを越えると、狭い山頂です。
ちょうど、朝日が昇るところでした。















  


  • Posted by セギ at 20:00Comments(2)講師日記