たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年07月08日

途中式が書けない

 


久しぶりに数学の話です。

そろそろ期末テストの結果も出そろってきた頃と思います。
保護者の方は、点数だけ見るのではなく、答案用紙を見て、何をどのように間違えているか、チェックをなさっているでしょうか。
たとえば中1ですと、算数から脱皮できていない答案を書いていないかどうかのチェックが、必要になります。

方程式の文章題の場合、方程式はちゃんと立てているのに、解くのは、小学生の解き方で解こうとして、逆算のやり方を途中でしくじり、しかも、その過程をすべて消しゴムで消して、答だけ書いている場合があります。

「それはするなー」と授業中に、再三、学校の先生に言われているはずなのですが、何を言われているのか、あまり理解できていないことがあるんです。
小学校時代の「計算のあとも残しておきなさい」という注意と同じレベルのことと誤解しています。
小学生の算数は、式と答が合っていれば、途中を消しても、結局、丸がもらえました。
中学の数学では、途中がない答案の評価は、きわめて低い。
過程こそが、答案。
そのことが理解できていない場合があります。

算数と数学の間には、大きな溝があります。
その溝を跳び越えそこねて、そのまま、数学が全くわからない状態になってしまいませんように。
早いうちに大人が補助をしましょう。

セギ英数教室は、子どもがどこでつまずくか熟知しているベテラン講師が、算数から数学への橋渡しをいたします。
ただ今、夏期講習生募集中。
期末テストの答案を持って、無料体験授業を受けにきてください。
お問合せは、このブログの「お気に入り」に入っている「セギ英数」がホームページになっていますので、そこから、問合せ画面に飛ぶのが、一番簡単です。
よろしくお願いいたします。

写真は、先週、三つ峠で撮影した、クサタチバナ。
  


  • Posted by セギ at 21:31Comments(0)算数・数学