たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2011年03月13日

激甚災害

マグニチュード9.0に修正。
政府は激甚災害に指定。

テレビは、全国に、そして全世界に、被害を伝えています。
インターネットでそれを見て、世界から応援が集まっている。
大切なことなのだけれど、見続けるのは、正直つらい。
何度も泣いてしまう。
だからといって、DVDを見ようなんて気には、とてもなれない。

今朝は、ラジオをつけました。
ラジオを聞きながら山歩きをするうちにファンになって、山に行かない日も聴くようになった番組です。
報道特別番組になっているかと思いながらスイッチを入れると、内容はやや特別ですが、いつもの番組でした。
自分の体験した地震を、自分の視点で語る。
局のライブラリーが地震でぐちゃぐちゃで、リクエストに応えられないので、スタッフの手持ちのCDをかける、と笑わせていました。
少し懐かしい、わかりやすく、励まされる曲が何曲も流れました。
聴きながら、自分がどれだけ緊張していたか、わかりました。
まだ、先は長い。
48時間しか過ぎていない。
まだまだこれからです。

ラジオは、災害にもっとも強いメディアであると言われています。
そこに関わる人たちが、それを自覚し、正確で前向きな情報を発信しているように思います。
単4電池1本で聴くことができるラジオは、そこで働く人たちの経験値も含め、やはり圧倒的に豊かで強いメディアだと感じました。

このブログは、私の塾のことを説明するブログなのですが、すみません、今は、このことしか書けません。

写真は、三鷹陸橋からの、夕焼けと富士山。
今年1月に撮影。
普通の幸せな風景。
  


  • Posted by セギ at 15:16Comments(4)講師日記