たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2017年12月20日

2学期期末テスト結果出ました。2017年。


2学期期末テスト結果出ました。

数学 90点台 1人 80点台 3人 60点台 1人 50点台 1人 40点台 1人
英語 90点台 1人 80点台 3人 60点台 1人 50点台 1人 40点台 1人

数学の場合、本人の理解力の他に、計算力という課題があります。
説明されたことはすんなり理解できる。
ああ、そういうことだったのか。
疑問が解けた。
これなら数学がわかる。
成績はきっと上がる。
そう思って頑張り始める子の前に、すぐに壁が立ちはだかります。
正しい式を立てることができても、その後の計算が上手くいかないのです。
平方根の計算。
指数計算。
式の変形。
方程式の計算。
符号処理。
分数計算。
分配法則・交換法則を利用した計算の工夫。
2桁以上のかけ算の筆算力。
たし算・ひき算の筆算力。
中学で数学の勉強に時間をかけていたかが大きく影響するのですが、さらにそれ以前、小学校の算数の計算にそんなに自信のないまま、中学2年になり、3年になり、そして高校生になってしまった子にとって障壁となるのが、計算力です。

単に練習不足なだけで計算センスのある子は順調に伸びていきます。
残念なことにセンスに恵まれていない場合、努力と知識で補うことが必要になるので、時間が必要です。
マイナスの符号を書く習慣や読み取る習慣が絶望的に身につかず、答えが負の数である限り、ほとんど正答に至らない子もいます。
分配法則を使いなさいと命じられればできないわけではないのですが、実際の計算でそうした工夫を発想できず、二度手間、三度手間の計算を延々と繰り返して、途中で計算ミスをしてしまう子もいます。
因数という発想がその子の内側にないせいなのか、約分や累乗根の処理を機械的にしかできず、時間がかかる子もいます。
例えば、64は4の3乗ですが、それを1秒で変換できる子もいれば、3分かかる子もいます。

「わかる」ことと「できる」ことは違うこと。
解き方が理解できても、自分で再生できるとは限りません。
「わかる」ことを「できる」ことに変えるためには、練習が必要です。
素晴らしい授業を聞けば魔法のように成績が上がる、というわけにはいきません。
授業を聞く時間の何倍も自分で努力する時間が必要となります。

幸い、そのことを理解してくれる生徒は、順調に成績が上がっています。
下が重い状態から、「上が重い」、嬉しい状態に変わってきました。
さあ、冬期講習も頑張っていきましょう。
(*^^)v




  • 同じカテゴリー(講師日記)の記事画像
    1学期末テスト結果集計出ました。2018年。
    1学期中間テストの結果が出ました。2018年。
    自宅では勉強しない主義?
    学年末テスト結果集計出ました。2018年3月。
    アクティブ・ラーニングで思い出すのは、ゆとり教育。
    それぞれの夢を心に宿して。
    同じカテゴリー(講師日記)の記事
     1学期末テスト結果集計出ました。2018年。 (2018-07-29 13:05)
     1学期中間テストの結果が出ました。2018年。 (2018-06-10 12:09)
     自宅では勉強しない主義? (2018-04-18 14:36)
     学年末テスト結果集計出ました。2018年3月。 (2018-03-21 13:24)
     アクティブ・ラーニングで思い出すのは、ゆとり教育。 (2018-03-16 12:01)
     それぞれの夢を心に宿して。 (2018-03-07 14:30)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    2学期期末テスト結果出ました。2017年。
      コメント(0)