たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2014年09月01日

ブラックな塾業界?(#^^#)




さて9月になりました。
セギ英数教室も今日から通常授業です。

夏期講習のある日、生徒とこんな会話を交わしました。
「朝は何時からやってるんですか」
「9時20分ですよ」
「夜は何時までですか」
「夜の9時半までですね」
「えー、そういうのって、労働ナントカ法とか、そういうのに、ひっかからないんですか」
「あー、労働基準法ですか。ははは。ひっかかりませんよ。合法ですよ。ははは」
なんか、笑ってしまいました。

現在の私は自営業ですから、何時間働こうと、本人の勝手です。
しかし、それ以前、集団指導塾で正社員だった頃も、個別指導塾で講師として契約して働いていた頃も、夏期講習となると、そんな働き方でした。
8時間を超えて働いたところで、残業手当がつくことはありませんでした。
8時間を超えた分の時給が割り増しになるということもありません。
しかし、そのことに疑問も不満も感じたことがありません。
夏期講習は必要なことですから、そういう働き方が必要です。
年中そんな働き方をしなければならない業種ではありませんし。
普段は、むしろ一般よりも実働時間は短いです。

それで思い出したのが、数年前からときどき耳にすることのある「ブラック企業」。
給料を払わない。
辞めたいと言うと恫喝する。
入社して間もないのに役職につけて、会社が残業代を払わなくて済むようにする。
勤務時間外も働かなければならないような課題を与え続け、睡眠時間を削らせ、社員を病気に追い込む。

そうした話を聞くと、それはひどいと感じます。
そういう、若年層が苦しむ構造は、変えていかないと、国が滅びる。
そして、そういう風潮が、学生アルバイトにまで及んでいると聞いて、うーむ、それは遺憾であると思います。
とはいえ、細かい事例を読んでみると、「なんだかなあ」と感じる面もあるのです。

特に、塾講師のアルバイトに関して、「こういう点がブラックだ」と学生が主張している内容を読むと、業界を知る者として、首を傾げる点がありました。
他の業界のブラックなアルバイトと比較しても、学生が不満に思っている点が何だかほんわかしていました。

まずは、「スーツ着用を義務づけておいて、その費用はアルバイトの自己負担」。
えっ、それがブラックなの?
飲食業などが制服貸与である場合が多いことからくる発想なのでしょうか。
えー、じゃあどうすればいいんだろう。
学生アルバイトは全員同じ制服を塾から貸与されて着ればいいのでしょうか。
・・・・・・気持ち悪いなあ。
塾も一応教育に関する仕事です。
全員が同じ制服を着た者たちが教育の仕事をするのは、何やらファシズムの匂いがして、そのこと自体が気持ち悪いと私は感じます。
だからといって学生アルバイトの私服は、もともと年齢が近いこともあって、生徒とほとんど区別がつかなくなりますし。
私服で良いのだが、生徒に教えることを意識して、みたいな曖昧な基準を出されるよりは、「スーツ着用」のほうが、わかりやすいですよね。

スーツを買うお金を会社に負担してもらいたいということなのでしょうか。
その費用を償却できるほど、働いてくれるのかなあ・・・・・。
特に個別指導塾や家庭教師派遣会社は、学生アルバイトを大量に雇い、実際に使ってみて、生徒から指名をもらえる人材だけを繰り返し使用し、それ以外は登録だけ残して声をかけないということが多くありますので、全員に支度金を渡すことはできないと思うんです。
就活でも使うし、スーツを着なれることはある意味重要だから、安物のスーツの1着くらい自分で買って、その費用を償却できるくらい働けばいいんじゃないのかなあ。

「遅刻したら時給をひかれる。15分までの遅刻で、時給の50パーセント。15分以上遅刻すると、全額ひかれる」
・・・・・・えーと。
とりあえず、遅刻はやめましょう。
労働基準としてそれが合法かどうかという話になると、それは確かに違法かもしれないとは思うんですが、そもそも塾講師は遅刻したらダメなんです。
生徒は遅刻してくるかもしれませんが、講師は遅刻したらダメです。
それは、塾の信用にかかわることです。
遅刻常習の講師がいることで塾は信用を失います。
その損失は、アルバイトの時給をはるかに超えたレベルの金額に換算されるでしょう。
でも、学生気分が抜けないどころか、まだそもそも学生のアルバイトに、「遅刻したらダメですよ」と注意しても、治らない子は全く治らない。
しかし、そういう子も、「15分遅刻したら時給なし」と言われれば、遅刻しなくなる。
遅刻癖があっても講師として使う価値のある子なら、そうやって使いたい。
そういう意味でのペナルティで、労働基準といった大人の話ではなく、子どもに与えるバツみたいなものに感じます。
「お小遣いなしにするよ!」
と叱るママみたいな感覚ですね。

実験やゼミが伸びてしまうことがあって、それでバイトに遅刻する?
そんな曜日にアルバイトの仕事を入れたらダメでしょう。
「多分、大丈夫」といった見込みで働いたら、ダメです。

「授業と授業の間が空いていて、空いている時間は時給が払われないのに拘束時間が長い」
・・・・拘束はされていないと思います。
時給が払われていないのなら、その時間は自分の勉強をしていても怒られないでしょう。
ただ、効率よく働きたい場合、確かに、あまり好ましい状況ではないです。
単にお金を稼ぎたいだけなら、もっと効率よく稼げるアルバイトがあると思います。
1つ言えば、人気のある講師は、教室側も大切にします。
空き時間がないように授業を入れてくれることが多いんです。

「大学の試験前なのに仕事に入れと要求される」
大学の試験前は、受験シーズンだったり、定期テストシーズンだったり、塾としても重要な期間です。
保護者が学生講師を嫌う理由の1つが、この「試験前に休む。私用でもよく休む」ということ。

個別指導塾の場合、プロ講師は、年度末、受験を終えた生徒たちが退会・休会をするので少し授業に空きができます。
空いた時間、休んだ学生バイトの代行で授業に入り、そのまま、その授業を奪います。
そうやって、生徒が一時的に少なくなる時期も、収入の安定、生活の安定を図ります。
ごめんね。

集団指導塾の場合、学生バイトが受け持っている授業は週に何コマもないと思いますので、試験期間中でも何とかやりくりしてその仕事だけはすることが可能なんじゃないでしょうか。

本当にブラックな会社にあたってしまい、苦しんでいる学生もいるのだと思います。
でも、上の事例から感じるのは、学生が、実社会に接して、その意識の差にびっくりしているだけの場合もあるのかなあということ。
不満が何だか子どもっぽくて、切実さを感じないんです。

「一般に青年が主張する内容は正しくない。
しかし、青年が主張するそのこと自体は正しい」
(ゲオルク・ジンメル)
そういうことでしょうか。
   

あるいは、私が塾業界にどっぷり首まで浸かって、ブラックかどうか、よくわからなくなっているのかもしれませんが。
(#^^#)


  • 同じカテゴリー(講師日記)の記事画像
    授業の受け方、ノートの取り方。
    中間テスト結果出ました。2017年1学期。
    学年末テスト結果集計出ました。2017年3月。
    消しゴムやシャーペンの使い方。
    東日本大震災から6年。
    感動と発見のある授業。
    同じカテゴリー(講師日記)の記事
     授業の受け方、ノートの取り方。 (2017-06-22 12:38)
     中間テスト結果出ました。2017年1学期。 (2017-06-15 12:29)
     学年末テスト結果集計出ました。2017年3月。 (2017-03-26 11:13)
     消しゴムやシャーペンの使い方。 (2017-03-17 14:26)
     東日本大震災から6年。 (2017-03-10 14:49)
     感動と発見のある授業。 (2017-01-06 21:56)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ブラックな塾業界?(#^^#)
      コメント(0)