たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2015年06月01日

数学のケアレスミスが特に多い子。



中間テストシーズンもそろそろ終盤。
得点が出そろった生徒が増えてきました。
順調に得点が上昇、あるいは、前回30点上昇し、今回はほぼそれを維持という子もいます。
しかし、理解は深まっているはずなのに、なかなか得点が伸びない。
そんな生徒もいます。

本人なりに頑張っているのに、なぜ、成績が伸びないか。
今回は、数学に限って、なぜなのかを考えてみたいと思います。

一番大きい原因は、やはり、計算ミスやケアレスミスでしょう。
解ける問題も途中でミスをして、得点に結びつきません。
テスト前半の単純な計算問題は、通常の感覚では得点源ですが、ここでの正答率が5割以下という子もいます。
何でそんなにミスをするのか。
ミスの多い子の様子を見ていますと、どうも集中力が足りないのが最大の原因と感じます。

生徒が問題を解いている間、私も同じ問題を解いていることがあるのですが、そんなときに、
「遠くで目覚ましの音がする」
と、言い出す子がいます。
えっと思って耳を澄ますと確かに聞こえてくるのですが、それは思考の邪魔になるような音量ではありません。
問題に集中していた間は、私には聞こえなかった音です。
問題を解いていて、そんな音が聞こえたり気になったりする。
問題のことを考えながら別のことも考えているのではないでしょうか。
2つ以上のことを同時に考えている。
それが出来るのなら止めないですが、それでは精度が下がるのが現実。

私自身は、数学の問題を解きながら他のことを考えることはできません。
そのような状態を想像しただけで絶望感がわいてきます。
他のことを考えながら数学の問題を解いたら、私はきっとミスをしてしまう。
いや、考えがまとまらず、まず解くことそのものに困難を感じます。
ミスの多い生徒たちは、常にその状態で問題を解いているのかもしれません。
考えがまとらず、他のことが常に気になって気を散らせながら。

問題を解いている途中で、ふっと顔をあげて窓の外を見る子もいます。
うちの塾の窓の外は、向いのマンションの外壁と空しか見えません。
鳥や猫が横切るということもありません。
なのに、度々顔を上げ、外を見ます。
「どうしたの?」
「いや、暗くなったなあと思って」
「・・・・・え?」
その子も、やはり、問題の写し間違いや書き間違い、計算ミスが多いです。
1つのことに集中できず、散漫なんだと思います。

そういう子が隙間時間に数学の宿題を解いていると先日聞いて、驚きました。
学校の休み時間とか、見ているテレビ番組のCMの間とか。
そういう2~3分の隙間時間に塾の宿題を解いているというのです。
応用問題の解き方を自力で考えつくこともできるのに、単なる計算問題の宿題でほぼ全滅することがあるので不思議だったのですが、そんなことをしていたとは。

短い時間にぐっと集中できる人が隙間時間を有効活用するためにそうするのなら良いのですが、注意力散漫な子がそんなことをやったらミスだらけになってしまいます。
周囲は騒然としていて、気が散る要素ばかりでしょう。
ミスの多い子は、集中できる環境で、まとまった時間に数学を解いたほうがいいです。
集中するとはどういうことか実感できるようになったら、どこででも集中できるようになるでしょう。


テストのときになると終了時間を異様に気にするのもミスの多い子の特徴の1つです。
時間までに問題を全部解けるかどうか気になって気になって、始終時計を見ているようです。
そんなことでは深い思考はできません。
時計を見る度にいちいち思考が途切れ、そのせいで余計にミスが増えているのではないでしょうか。

時間を気にするのには、いろいろな要因があると思われますが、基本は自信のなさでしょう。
学年が上がるにつれてどんどん数学の得点が低くなっているので、もう自信がない。
普段から計算が遅かったり、ミスしてやり直すことが多いので、時間内に終わるかどうか気になる。
「別に、全部解かなくていいんだよ」
と話しても、こういう子の気持ちはほぐれません。

対策としては、試験時間と同じ時間で普段の勉強もやると良いでしょう。
定期テストが50分なら、家庭学習も50分単位で行う。
50分勉強して、10分休憩。
そうやって、「50分」という時間の長さを体感として自らに叩き込む。
時計なんか見なくても、勉強していて大体何分くらい経っているか実感できるまで何年でもそれを続けます。

私は子どもの頃からそうしていましたし、周囲の子もそういう子が大半でしたので、それが普通の勉強法だと思っていました。
しかし、今の時代、1科目集中して50分勉強する子は一部の秀才に限られるようです。
集団指導塾に勤めていた頃、テスト前の土日にはテスト対策として塾を開放していました。
その監督として、テスト勉強する様子を見ていると、1科目10分ともたない子がたくさんいました。
学校の数学のワークを解いているなあと思って見ていると、10分と経たずに英語のワークに変えています。
別に数学のワークが終わったわけではないのです。
飽きてしまった。
あるいは、数学のワークを解いていると、英語のワークが終わっていないことが気になって、そっちを先にやることにした。
そして、見ている間に、また科目を変えてしまいます。
1つの科目を勉強していると、他の科目のことが気になって、集中できないのかもしれません。
腰をすえて50分1科目を勉強する、ということができないようです。
「いや、ゲームだったら、50分集中できる」
と、へらず口は叩くんですけど。
(^-^;

ゲームのように強い刺激が絶え間なくあるものならば、50分集中できる。
勉強のように自ら集中していかなければならないものは、集中できない。
やはり、集中力のなさを感じます。

こうしたことの改善には、多くの努力と時間が必要となります。
一朝一夕では、変わらないかもしれません。
何より、本人が変わりたいと望み、変える方向で努力しないことには、何も変わりません。




  • 同じカテゴリー(講師日記)の記事画像
    授業の受け方、ノートの取り方。
    中間テスト結果出ました。2017年1学期。
    学年末テスト結果集計出ました。2017年3月。
    消しゴムやシャーペンの使い方。
    東日本大震災から6年。
    感動と発見のある授業。
    同じカテゴリー(講師日記)の記事
     授業の受け方、ノートの取り方。 (2017-06-22 12:38)
     中間テスト結果出ました。2017年1学期。 (2017-06-15 12:29)
     学年末テスト結果集計出ました。2017年3月。 (2017-03-26 11:13)
     消しゴムやシャーペンの使い方。 (2017-03-17 14:26)
     東日本大震災から6年。 (2017-03-10 14:49)
     感動と発見のある授業。 (2017-01-06 21:56)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    数学のケアレスミスが特に多い子。
      コメント(0)