たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2012年07月31日

2012年夏、富士山に登ってきました


7月28日(土)は、夕方で仕事が終わったので、夜から富士山に行ってきました。
新宿から高速バスで、一気に河口湖口五合目へ。
夜10時から歩き始めました。

今年の富士山は、残雪が多く、7月半ばの段階では、吉田口・須走口の下山路が残雪のため閉鎖されていて、往路を下らなければならないとか、お鉢めぐりも、剣ヶ峰下の雪が多くて、通れないという話でした。
とはいえ、梅雨も明け、夏本番。
重機を使い、ガシガシ除雪してくださったそうで、下山路の雪も消え、お鉢巡りも開通。
日本で一番高い山なのに、まるで高尾山のように初心者の多い夏の富士山、今年も始まりです。
(*^_^*)

バスの便が良いし、何しろ楽なので、いつも河口湖口から登ります。
夜10時でも五合目のレストハウスは開いていて、明るい。
50円払って、トイレへ。
五合目から上は、トイレは1回200円です。
富士山に行くなら、小銭をたくさんご用意を。
(*^_^*)

本当は、最低1時間、できれば2時間、五合目にとどまり、高度順応したほうが良いのですが、夜10時到着のバスではその余裕はないので、その分、意識してゆっくりゆっくり六合目へと歩き始めました。
毎回思うのですが、いくら道が緩いからといって、そして歩き始めで元気があるからと言って、六合目までの道を、初心者はなぜあんなに急いで歩くのだろう。

街を歩くとき、若者は、道をタラタラ歩いています。
横に広がってタラタラ歩くから、正直邪魔である、というくらいに。
富士山でこそ、その牛歩を維持したらいいのになあ。
妙に張り切って、ザッザ、ザッザと靴音も高く歩いていきますね。

六合目から七合目、傾斜が急になっても、スピードを緩めず、力の限り、息を切らして歩いてしまう。
七合目から八合目、岩場が始まった頃には、頭痛や吐き気と闘いながらの悪戦苦闘。
毎年おなじみ、八合目付近では、仲間の誰かが高山病で倒れてしまい、進退きわまっているグループの姿が。
登山道脇にうずくまって苦しそうな人の姿も。
もう、完全に横たわって寝ている人も。
(^_^;)

富士山は、ゆっくり登れば、つらい山ではありません。
コツは、息切れしないこと。
息切れしないスピードで歩き続ければ、とても楽な山です。

でも、せっかく富士山に来たのだから、苦しんで登りたいのかもしれません。
苦しい思いをしながら、必死に登る富士山が好きなのか?
若者は、山に何かを求めているのかもしれません。
自分探しとかかな。
(*^_^*)


なぜ山に登るのか。
「そこに山があるからだ」

1人歩きしているこの言葉は、実は、エベレストに登る理由を問われた登山家が、
Because it is there.
と答えたものだということをご存知の方も多いと思います。
まだ誰も登ったことのない世界最高峰がそこにあり、そこに登れるだろう技術を持った自分がいる。
そんなもん、登りに行くの、当たり前だ。
そこに、世界最高の処女峰があるのだから。
 
そういう、わかりやすい話を、禅問答みたいに解釈したいのは、我々が日本人だからでしょうか。

そんなどうでもいいことを考えながら、ゆっくりゆっくり歩いていきました。

しかし、年々、人が増える。
1回登ったら飽きるのかと思ったら、若い人の中に結構リピーターがいる様子です。
去年登って楽しかったから、今年は別の友達を誘ってきた。
そんな感じの人を多く見かけました。
去年高山病で登れなかったから、今年はリベンジに来た。
そんな人も多く見かけました。

去年は、登山道で中国語を聞くことが多かったのですが、今年は、英語をたくさん聞きました。
諸外国の人たちが、日本の安全を確認し、また観光に来るようになったようです。
クリアーな聴き取り易い英語。
英語を母国語としない人同士が、富士山で知り合って、会話している様子でした。
どこから来たのか。
どこへ行くのか。
どこの国に行ったことがあるが。
どこの国が面白かったか。

そんな話をぼんやり聞きながら、見上げると、満天の星。
星が多すぎて、もう何が何だかわからない、光の帯です。

山頂は満杯で、山頂直下でご来光を迎えました。
天気を見て登るせいもあるので、私、ご来光率は、100%です。
いつ見ても、ご来光はいいですね。

下山は、砂ぼこりとの闘い。
口元はバンダナで覆い、帽子にサングラス。
小石まじりの砂の道をザクザク下りて、五合目に戻りました。

ところで、夏の富士山の登り方、詳しくは、昨年登ったときにブログに書きましたので、興味のある方は、リンクを張っておきましたので、ご覧ください。
http://seghi.tamaliver.jp/e178562.html

バスを待つ間に、登山ツアーの大型バスが次つぎと到着し、集合しては、出発して行きました。
仕切るのは、富士山の現地ガイドさんたち。
それぞれの小屋に所属するガイドさんたちは、昼、五合目でツアー客を迎え、一緒に小屋まで登り、そこで仮眠。
夜、小屋を出発し、山頂でご来光。
そのまま五合目に下山し、ツアー客をお見送り。
すぐに次のツアー客を迎えて、一緒に小屋まで登る。
これを夏中繰り返すと聞いたことがあります。

おそるべき体力だ。
なので、私も、疲れたとか言っている場合ではありません。
夏期講習、頑張ります。
(*^_^*)



  • 同じカテゴリー()の記事画像
    高尾山から南高尾を歩いてきました。2017年11月
    払沢の滝から浅間尾根を歩きました。2017年11月。
    奥高尾、日影沢から大平林道からを歩きました。
    倉岳山でゲリラ雷雨にあいました。2017年9月。
    ヤゴ沢コースから景信山を歩いてきました。2017年9月。
    三ツ峠山を歩きました。2017年7月。
    同じカテゴリー()の記事
     高尾山から南高尾を歩いてきました。2017年11月 (2017-11-20 14:42)
     払沢の滝から浅間尾根を歩きました。2017年11月。 (2017-11-13 14:11)
     奥高尾、日影沢から大平林道からを歩きました。 (2017-09-25 12:01)
     倉岳山でゲリラ雷雨にあいました。2017年9月。 (2017-09-11 13:51)
     ヤゴ沢コースから景信山を歩いてきました。2017年9月。 (2017-09-06 15:22)
     三ツ峠山を歩きました。2017年7月。 (2017-07-10 13:56)

    この記事へのコメント
    富士山で満天の星、それは宇宙遊泳のような景色かしら。

    同じ日でしょうか、私は「ここは富士山五合目と同じくらいの高さです」と説明を受け、アルペンルート、立山の日本海側斜面の室堂(2450m)で残雪を踏みしめていました。

    雷鳥には出会えませんでしたが黒部ダムで放流される壮大な水しぶきに架かる虹を眼下に見ることが出来、夢見ごこちな気分となりました。

    夏を我が物とするエネルギーとしたいですね。
    Posted by maruyama at 2012年07月31日 23:23
    maruyamaさま、コメントありがとうございます。

    黒部・立山アルペンルートですね。
    今年は、室堂も残雪が多いのですね。

    富士山の満天の星、ぜひ1度ご覧ください。

    (*^_^*)
    Posted by セギセギ at 2012年08月01日 23:27
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    2012年夏、富士山に登ってきました
      コメント(2)