たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2012年04月12日

大人の数学教室、個別指導コース


3月末より、大人のための数学教室も、新しい参加者の方を迎えました。
以前より、参加者の方にはアナウンスしていたのですが、ここで改めて、大人のための数学教室、個別指導コースのご案内をいたします。

◎時間  平日の午後1時20分~、あるいは、午後3時~の90分間。
       曜日は、お問合せください。
◎内容  中学・高校内容の数学(テキストはこちらで指定)
◎費用  1回90分 4,000円

お問合せは、左の「問合せ」ボタンを押してください。
メール画面が表れます。
メール本文には、受講希望レベル・電話番号をご記入ください。

さて、本日、4月12日(木)は、大人のための数学教室でした。
中3レベルに入りまして、本日は2回目。
乗法公式の続きからです。
公式は、当てはめて使えば簡単に問題が解けるので、とても便利なのですが、覚えないと使えません。
ものを覚えることが苦手な現代の中学生には、公式は、鬼門。
特に乗法公式の場合、覚えない中学生が現れます。
「使わなくても、解けるじゃん」と言うのですね。
(^_^;)
この後、乗法公式を逆に使う、因数分解の勉強が始まり、そのときになって絶望するのです。
塾に通っている子は、最初から、その助言を受けていますが、自分で勉強している子は、そのワナにはまりやすいです。

さて、大人の場合。
公式の重要性は重々わかっているが、新しい公式を頭の右から入れたら、その前に覚えた公式が、左から出てしまいそう、という感覚と闘う90分だったかもしれません。
(*^_^*)
繰り返し練習し、長期記憶としてとどめてください。
計算処理は、やはり、大人が圧倒的に速いです。

子どもは、問題をノートに書き写すと、とりあえず、ぼんやりとその問題を眺めてしまう時間というのがあります。
解きたくない自分と闘っているのでしょうか。
呼吸を整えているのでしょうか。
ただ漠然と、ぼんやりしてしまうのでしょうか。
本人は、あまり自覚していない様子ですが、見ている側にとっては、結構長い、そして謎の時間です。
数学が嫌いな子ほど、この時間が長く、そして、集団指導では、与えられた時間の大半をそれに費やして、自分ではほとんど演習しないで帰ってしまいます。
「新しいことを教わる時間」よりも、実は大切なのが、「解くところを見てもらう時間」。

数学が嫌いな子には、個別指導が必要です。

と、最後は、また宣伝でした。



  • 同じカテゴリー(コース案内)の記事画像
    都立高校入試結果が出ました
    同じカテゴリー(コース案内)の記事
     都立高校入試結果が出ました (2015-03-02 11:28)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    大人の数学教室、個別指導コース
      コメント(0)