たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2012年03月15日

頭のいい人の勉強法


例えば、こんな問題。
( )に入れる適切な語を下から選びなさい。

I don't know (  ) he has.

ア. who イ. where ウ. what エ. whom

この問題を解くのに、声に出して、似ている例文を暗唱する子がいます。
「あ。I don't know who he is. だ」
私は、基本例文を暗記するように言うことはないので、多分、その勉強法は、学校の先生かご両親が薦めているか、前の塾で教わったやり方か、あるいは、何かで聞いたか読んだかしたのでしょう。
基本例文の暗記は、ある程度より学力が下回ると、効果は期待できないのですが、かといって弊害があるものではないので、とりあえず、そのことに関して、私は、何も言及しません。
ただ様子を見ています。
he is ではなく、 he has であることには気づいた様子で、考え込んでいます。
さて、どうなるか。
1分ほども考え込んでから、彼は、選びました。
「答は、ア」
不正解。
答は、ウです。
うーん・・・・。


こんな場合もあります。

次の日本語を英語に直しなさい。
「あなたは、何冊の本を持っていますか」

「知ってる。これ書ける」
How many books do you have ?
歌うように唱えながら書いていきます。
抑揚から、丸暗記しているのが感じられます。

同じ子に、この問題を出します。
「彼は、何枚のCDを持っていますか」
もう書けません。
How many CDs does he have?
「いくつの〜」の学習と、三単現が組み合わさると、もう解けない。

「あなたは、お金をいくら持っていますか」
書けません。
How much money do you have?
数えられない名詞の場合は、many ではなく much を使うという、名詞に関する知識が頭の中で連動していないので、解けないんです。

「1週間は、何日ありますか」
書けません。
How many days are there in a week ?
あるいは、
How many days dose a week have ?
存在を表す構文の知識と連動していないので、解くことができません。


基本例文を暗記しても、その例文とそっくりの問題しか解けない。
そういう学力の子は、多いです。
例文とそっくりの問題がテストに出ることは、ほとんどありません。
なので、テストで得点することは、ほとんどできません。


なぜ、そのようなことになるのでしょうか。
私は、むしろ、なぜ、例文を暗記しろという人がいるのかを、考えてしまいます。
その人は、当たり前ですが、学生時代、英語の成績が良かった人でしょう。
だから、自分の勉強法を他人にも薦めているのだと思います。
しかし、それは、頭のいい人の勉強法です。

おそらく、その人は、例文を暗記する過程で、その例文の文法的な把握を行っています。
頭の良い人は、何かを学ぶとき、その法則性をさぐらずにいられません。

I am a boy.
You are a boy.
He is a boy.

その共通点は、何か。
相違点は、何か。
英語は、どういうシステムのものなのか。
言われなくても、そういうアプローチをします。
それが、頭のいい人の、頭の構造です。
だから、例文を1つ覚えるだけで、システム通りに、類題を自在に解いていくことができます。

ところが、法則性を見抜くことを全くしない頭の動かし方をする子どもたちがいます。
本人に任せていると、そういうふうには、頭を動かしません。
覚えられないわけではありません。
例文は暗唱できます。
でも、応用がききません。
How many の例文と、三単現の例文は、別の例文で、それらは、連動しません。
歌うように覚えているだけで、なぜそのような順番で語句が並んでいるのかには関心がありません。
使い回しのきかない例文が、頭の中の広い広い海にぷかぷか浮いているようなイメージです。お互いは、何十kmと離れていて、橋はかからない。

頭のいい人の勉強法は、大筋で間違ってはいない。
ただ、彼らが言語化しない部分に、本質があります。
本人が意識していない、頭の動かし方。
そこを理論化しない限り、その勉強法は、同じような頭の構造の人にしか効果が期待できないのです。

「英語なんて、単語を覚えれば大丈夫」
「例文を覚えれば大丈夫」
「文法なんかに、そんなに時間をかけるな」
これらの、頭のいい人たちの言葉は、英語ができない子には、夢のように甘く響きます。

でも、信じてはいけない。

頭のいい人たちが、本人は自覚もせずに行っているアプローチ。
それが文法というものではないでしょうか。
無意識に、瞬時に、文法把握をしている。
彼らの頭の中で、文法は、既に前提として存在しているのです。

では、法則性を無意識に見抜く頭の構造ではない子には、挽回の機会は巡ってこないのか。
そんなことは、ありません。
無意識で行えないことは、意識して行えば良いのです。
広い海にぷかぷか浮いている知識を集めて集めて、近づけて、互いに橋をかける作業。
それをすれば良いのです。
しかも、一度それができるようになれば、橋はかかりやすくなります。
人間の頭は、使えば、良くなる。
使い方を変えれば、良くなる。

うまく頭が働かず、そのせいか性格も頑固で、間違った勉強法をなかなか改めてくれない子とは、長い時間、格闘しなければなりませんが、可能性がないことはないのです。
タイムリミットは、いつも、あります。
早く気づけ。気づいてくれ。
高校入試が近づいている。
それでも、あきらめる必要はないのです。




  • 同じカテゴリー(英語)の記事画像
    英文法が苦手な子。
    英作文が苦手。
    英訳と和訳と。
    英語教科書と平和教育
    何となく英語ができない子。
    小学生と英語。
    同じカテゴリー(英語)の記事
     英文法が苦手な子。 (2016-11-11 14:50)
     英作文が苦手。 (2016-10-24 13:50)
     英訳と和訳と。 (2016-07-14 13:05)
     英語教科書と平和教育 (2015-03-06 13:19)
     何となく英語ができない子。 (2015-02-13 18:52)
     小学生と英語。 (2014-11-24 14:57)

    この記事へのコメント
    奥の深いテーマだと拝見しました。

    私も昔「例文をたくさん暗記したら、英作文が出来るよ。」と言われて暗記したことがありますが、暗記した前と後で英作文能力が上がったかと言われたら、変わらなかったような記憶があります。例文通りの文だけでは、本質を理解していなかったのでしょう。

    でも、息子が中学に入学して「パパ、英語の勉強の仕方を教えてよ。」と聞かれたら、「教科書を読んで、知らない単語を辞書で調べて、テキストで文法を確認して、和訳して、本文を暗誦してしまうほど音読するんだ。ついでに、英単語と英熟語は何十回も書いて覚えるんだよ。」と答えるのでしょう。これだと勉強というより作業ですね。だからと言って、ここを端折ることは出来ないと考えていますが。。。

    結局、縦糸を通すことは、子供がやり方を聞いて、授業や定期試験で強制されれば覚えていくでしょう。でも、横糸を通すことが、自分自身では出来ないのだろうなぁと感じています。経験が乏しく、縦糸同士の繋がりを解っていない学習初心者の子供に「横糸も考えろ」というのは、かなり酷なことだと思います。息子に言えば「どうやって、横糸を通せばいいのか、その通し方を教えてよ。そうすれば僕も横糸通すように頑張るから。」と言われそうです。

    例え、大量の問題を解いたとしても、例文を沢山覚えたとしても、参考書や問題集はツッコミを入れてくれません。子供は1本の縦糸を通したら、隣に次の縦糸を通す作業を行い、横糸に気づいた子供が綺麗な布を手に入れるのでしょうね。

    長文、失礼致しました。

    息子よ、いつ横糸に気が付いてくれるかな?横糸を入れてくれる良い師にめぐりえるといいね。あと、パパは横糸入れてあげられるほど賢くないから、あまり期待しないように。
    Posted by かつみ at 2012年03月16日 12:08
    かつみさま、コメントありがとうございます。

    経糸・横糸のたとえ、美しいですね。

    横糸を通すものは文法であると私は思っていますが、応用力のない子ほど、文法を嫌う傾向があり、そして「文法なんて勉強するな」といった言葉に惑わされやすいと感じます。

    理論を学ぶより、ただ暗記するほうが、本人にとっては、楽なのかもしれません。
    Posted by セギセギ at 2012年03月17日 15:40
    久しぶりの訪問しましたけど、相変わらず良い記事です。
    子どもの教育で無いことを考えさせられました。
    組織の仕事で、一番大事なのが「暗黙知の獲得」
    と思ってますが、そのprocessが、「頭のいい人」
    の方法と気づきました。そうなのですね。
    暗黙知で、法則を獲得する人と、そうでないひとが
    いるし、「ね!」「でしょ!」と言っている仲間も
    法則を見つけている人と、そうでないひとがいる。
    私はその暗黙知を形式知にするのが得意だったのですが、
    暗黙知を作る時に、様々なひとの違いがあると、勉強に
    なりました。
    Posted by すこや at 2012年03月29日 17:21
    すこやさま、ありがとうございます。

    暗黙知を形式知に。
    本当にそうですね。

    自分がわかっていることは他人もわかっていると無邪気に信じている「頭のいい人」の頭の良さに振り回されて、損をしている子が多いように思います。
    Posted by セギセギ at 2012年03月30日 23:34
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    頭のいい人の勉強法
      コメント(4)