たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2012年02月13日

高川山に行ってきました



この3週間、平日は授業、日曜日は模試の会場責任者の仕事が入り、休みなく働いておりました。
ありがたいことです。
昨日は、久しぶりの休日。
これもありがたいこと。

昨日、2月12日は、高川山に行ってきました。
高川山は、いくつかのコースがありますが、今回は、大月駅から。
一番のロングコースです。
大月駅の改札を出てまっすぐ歩き、1車線のバス通りを右折。
20分ほど歩いて大きな橋を渡ったらすぐ、大きな病院の手前で、その病院を見上げながら、左折。
坂道を上がり、その坂が自然に下りになる頃、1つ目の標識が見えてきました。
あとは、標識通りに行くだけなのですが、登山口が、あまりにも民家の庭先で、え、ここに入っていいの?と不安になりました。
すぐ手前に踏み跡がついていたのは、そっちだと誤解する人が多いからでしょう。
私も、一度、そっちに入ってしまい、すぐ、やぶに突っ込む形になっているので、戻りました。
思い切って、民家の庭先に入ると、風景は一気に変わり、ああ、これは登山道だ、と納得。
低山は、登山口の発見が一番難しいですね。

歩いてすぐの「むすび山」で、朝一番の富士山。
その大きさにびっくりしました。
上の写真は、高川山の山頂からの富士山ですが、携帯でズームもせずにこの大きさで富士山が見えるということは、肉眼ではどれほど大きく見えるか、ご想像いただけると思います。

大月駅は、高川山の北東に位置しています。
登山道は、陽だまりののどかな道。
歩く人はあまり多くないと聞いています。
昨日も、すれ違った人が2人。
追い抜いた人が1人。
でも、道はよく踏み固められ、明瞭で、迷うところはありません。
凍結箇所もほとんどありませんでした。
ただ、馬頭観音手前、つまり、田野倉駅からのコースとの合流点の手前の急坂は、ちょっとしゃれになりません。
手がかりとなる岩や木がもっとあれば、特に問題はないのですが、手がかりが少なく、あの傾斜ですと、初心者では登れない人がいるかもしれません。
細いロープが張ってありますし、時間がかかってもいいから、両手をついて、落ち着いて一歩ずつ、と思えば、初心者でも登れるかもしれませんが、気持ちで負ける可能性が高いなあ。
靴が悪いとダメですし。

合流点を過ぎると、大きな岩が現れてきます。
岩がちの道は段差がありますが、特に難しいところはありません。
そこから30分ほどで、高川山の山頂。

高川山には、ビッキーという犬がいました。
私が高川山を歩いた2007年春にも、ビッキーは山頂にいて、少し手前から出迎えてくれました。
ビッキーは野良犬でしたので、汚れていましたが、顔がかわいらしく、おとなしい犬でした。
食べ物をもらえると、その場で静かに食べ、もらえなければ、静かにその場を離れる。
吠えませんし、まとわりつきません。
岩の上に立ち、富士山を眺め、あるいは、岩の上に寝そべり、目を閉じる。
中央線沿線の低山を歩く登山者の間では有名で、とても好かれている犬でした。

あれから5年。
もういないかもしれないと思いながらも、もしいたら分けようと、昨日は、おにぎりではなく、犬が食べられそうなおかずの入ったお弁当を持っていきました。

山頂に小さな新聞記事が貼ってありました。
ビッキーは、2010年秋に死んでいました。
登山者が遺体を発見し、市に連絡し、埋葬したそうです。
老衰だろうとのこと。

そうか。
ビッキーには、もう会えないのか。

そう考えながら、下山。
下りは、初狩駅へのコースをとりました。
登山道が北や西を向いている関係で、こちらのほうが凍結箇所が目立ちました。
山頂直下の下りは、傾斜が緩いので特に問題はなく、分岐からは、「男坂」「女坂」「沢コース」のうちの女坂コースを迷いなく選びましたので、もう大丈夫と思っていました。
女坂は、1か所崩落地がありますが、ロープが張ってありますし、踏み固められて足場はしっかりしていますので、慎重に通過すれば問題ありません。

でも、男坂との合流点に入り、びっくり。
点々と凍結しています。
3mにわたり、全面凍結。
そこから10mは、普通の登山道。
また3m、全面凍結。
その先は、見えない。
この状態で、軽アイゼンを取り出して着ける人は、いませんよね。
しかし、崖っぷちの登山道。
凍結といっても、氷や周りの土が濡れてグズグズになっていれば、案外フリクションが効くのですが、ここのところ乾燥注意報も出ていますので、周囲の土は氷と一体化し、ガチンガチンに乾いて固まり、ツルンツルンに凍結していました。
いきがって立って歩き、つるんと滑ったら、崖から落ちるなあ。
そんなわけで、しりもちをついて、そろそろと通過。
そのほうが滑り易いという人もいますが、重心が低いほうが、滑っても、大事故にはならない気がします。

植林帯に入り、積雪が現れましたが、でこぼこの積雪は足がかりが多く、標高が低いので湿っていましたので、難なく通過。

今日の夜にも雨か雪が降るそうなので、また山の状況は変わると思います。
しっかり積雪した場合、装備さえ整っていれば、案外歩き易いということもあるでしょう。

林道に出て。
おじさんが、融け残っている雪をシャベルで片づけていました。
「着いたかい」と声をかけられました。
「はい」
「凍ってて、危なかったろう」
「はい。怖かったですー」
地元の人の言うことは、いつも的確です。

さて、初狩駅前のコンビニで何を買おうかなあと、心はそこに飛びながら、駅までのんびり歩きました。




  • 同じカテゴリー()の記事画像
    外秩父七峰縦走ハイキング大会、完歩しました。2017年4月。
    上川乗から高尾まで縦走しました。2017年4月。
    多摩湖自転車道を走ってきました。2017年4月。
    南高尾山稜を歩きました。2017年3月。
    高尾のハナネコノメを見に行ってきました。2017年3月。
    藤野駅から日連アルプスを歩きました。2017年3月。
    同じカテゴリー()の記事
     外秩父七峰縦走ハイキング大会、完歩しました。2017年4月。 (2017-04-24 14:54)
     上川乗から高尾まで縦走しました。2017年4月。 (2017-04-17 13:46)
     多摩湖自転車道を走ってきました。2017年4月。 (2017-04-02 19:17)
     南高尾山稜を歩きました。2017年3月。 (2017-03-22 11:17)
     高尾のハナネコノメを見に行ってきました。2017年3月。 (2017-03-13 10:50)
     藤野駅から日連アルプスを歩きました。2017年3月。 (2017-03-06 12:32)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    高川山に行ってきました
      コメント(0)